隈 研吾の「負ける建築」では、権力と建築とは、共犯関係を結んだとしています。徳川家康は、巨大な名古屋城を公共事業とし、有力大名の財政を疲弊させました

負ける建築(隈 研吾)では、権力と建築とは、共犯関係を結んだとしています。徳川家康は、巨大な名古屋城を公共事業とし、関ヶ原の後の徳川家に帰参した有力大名の財政を疲弊させました。名古屋観光(5) 負ける... 

徳川家康は江戸の徳川本家に、お世継ぎが途絶えたときに備えて、 後継者を出す徳川の御三家を創りました。 尾張徳川家 徳川義直、 紀州徳永家 徳川頼宣、 水戸徳永家 徳川頼房の御三家です。 強固な名古屋城も、アメリカ軍のB29の爆弾には適いませんでした。

徳川家康は江戸の徳川本家に、お世継ぎが途絶えたときに備えて、 後継者を出す徳川の御三家を創りました。 尾張徳川家 徳川義直、 紀州徳永家 徳川頼宣、 水戸徳永家 徳川頼房です。 強固な名古屋城も、アメ... 

名古屋といえば、加藤清正の作った名古屋城とメニコン社のメルスプランです。メニコン社のメルスセミナー(1)

名古屋といえば、「尾張名古屋は城で持つ」という天下の名城です。日本の三名城は、どこでしょうか?もちろん、名古屋城は入ります。名古屋にてメニコン社のメルスセミナー (1) 名古屋といえば、加藤清正の作っ... 

ブログ記事8900本超 社長ブログ 毎日更新中

これはすごい 社長ブログは記事8900本を超えました。こんな記事もあります あんな記事もあります。ブログ記事 これはすごい ブログ記事8900本超えました。2004年2月16日から始めたブログは、20... 

桶狭間の戦いは情報があって結果は得られ、結果の前には情報がありました。まるで因果律の論理です。

桶狭間の勝利は情報があって結果は得られ、結果の前には情報がありました。まるで因果律の論理です。名古屋観光(7) 織田信長の桶狭間の急襲が成功したのは、相手が油断している情報があって、その油断に乗じた結... 

徳川園を見て、あったらいいなぁと思うのが、広い日本庭園で、あったら大変なのが、広いお庭の庭掃除。あったら困るのは、固定資産税と維持管理費です。

あったらいいなぁと思うのが、徳川園のような日本庭園で、あったら大変なのが、広いお庭の庭掃除。あったら困るのは、固定資産税と維持管理費です。 名古屋観光(3) 自宅の庭にこんな日本庭園があったらいいなぁ...