徳島 御りょうりさわらぎ 鳴門の鯛、阿波尾鶏、天然の鮎、鳴門レンコン、郷土料理など徳島を満喫

徳島 御りょうりさわらぎ 四国のグルメといえば、四国太郎と呼ばれる、吉野川でとれた天然鮎としじみです。天然鮎は、塩焼きで、天然鮎は、味噌煮込みで、いただきます。

徳島 御りょうりさわらぎ

「えらいやっちゃ、えらいやっちゃ、ヨイヨイヨイヨイ、踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らな損々…」 阿

波踊りには、400年の歴史があります。阿波踊りとは、徳島県内で行われる盆踊りのことです。

徳島 天然鮎

中でも、徳島市の阿波踊りは日本三大祭りの一つでもあり、毎年大賑わいのお祭りです。

「ホテルサンルート」の窓から、そごう徳島店前の広場を見ていると、阿波踊りの集団が、阿波踊りを始め、周

りにはひとだかりができています。日も暮れはじめ、夕食をとり、阿波踊りを見に行くことにしました。

徳島 天然鮎

徳島駅周辺を歩くと、浴衣を着た女性たちが阿波踊り会場に向かっていました。

徳島 天然鮎

徳島に来たからには、徳島らしい、これが徳島料理だというような、おいしいお店に出会いたいものです。

徳島 天然鮎

でも、地元の案内してくれる人もいないのに、そんなに上手く、グルメなお店に出会えるのか、一軒、一軒店構

えを見て、料理メニューを見て、なんとなくここが美味しそうだと、思える店を探します。

徳島 天然鮎

迷ったのは、落ち着いた店に入るか、流行っているにぎやかな店に入るか、ここが分別するところです。

一瞬、大衆酒場風の、とても賑わったお店に、入ろうとしましたが、通路があまりにも汚いので、思いとどまりました。

徳島 天然鮎

さらに探してみると、和食の店がありました。店構えもよく、さほど混み合ってない、落ち着きのあるお店なので、ここに入ってみました。

結局、今夜の夕食は、「御りょうり さわらぎ」で、徳島の旬の料理をいただくことにしました。グルメの評価

としては、○です。

徳島 天然鮎

徳島を満喫できると言う、この「御りょうり さわらぎ」では、鳴門でとれた鯛、阿波尾鶏、天然の鮎、鳴門レ

ンコン、郷土料理など、確かに徳島を満喫できる、一品をそろえています。

徳島 天然鮎

ちょっと残念なのは、アサヒスーパードライが置いていませんでした。他の、会社の生ビールをいただきなが

ら、奥さんは、今日は食事の後片付けもないので、少し、飲む気を出しています。

徳島 天然鮎

地元の「すだち」を使ったお酒を注文し、とりあえず、よくぞ阿波踊りの初日に、徳島のホテルを、確保できた

ものだと、娘に感謝しながら、乾杯です。

徳島 天然鮎

徳島といえば、四国太郎こと、吉野川です。

徳島 天然鮎

吉野川でとれた、天然の鮎を、いろいろな食べ方でいただきます。

徳島 天然鮎

まず、スタンダードなのは、鮎の塩焼きです。

この、お店「御りょうり さわらぎ」の、独自の味付けとして、鮎の味噌煮をいただきます。

徳島 天然鮎

天然の鮎か、養殖の鮎か、見ただけでは、判別しかねますが、食べてみると、潤香(うるか)の味で、違いがわかります。

徳島 天然鮎

これも、弘法大師のおかげと、

南無大師遍照金剛と、唱えながらも、鮎の塩焼きがくると、鮎の太り具合や、育ち具合を、ちらっと見ながら、

すだちを絞って、鮎の上からふりかけて、どこから食べようかなと、箸が迷っています。

徳島 天然鮎

吉野川の、天然鮎の美味しいことに、感動しながら、鮎の塩焼きを、ネコがまたぐほど、丹念にほじくり、残すことなく食べてしまいます。

徳島 天然鮎

吉野川のしじみが入ったお味噌汁の、美味しいことに、感動しました。なんだか、肝臓が喜んでいるような、とても、美味しいお味噌汁でした。

徳島 天然鮎

鯛のお茶漬けが、締めの料理です。これもまた、美味しくて、また、こんな徳島の食材を使った、地元の料理が

食べられて、ありがたいありがたいと思いました。

徳島 鮎料理関連記事 アーカイブ

2010年8月12日(木)