阿波の殿様蜂須賀公が 今に残せし阿波おどり 、ひょうたんばかりが浮きものか 私の心も浮いてきた 踊りおどらば 品よくおどれ 品のよいのを嫁にとる

ひょうたんばかりが浮きものか 私の心も浮いてきた 踊りおどらば 品よくおどれ 品のよいのを嫁にとる。なるほどねぇ、上手いこと言うねぇ、と思いました。

毎年 8月12 – 15日 の4日間開催される、徳島市の阿波踊りは、この4日間だけで100万人以上(2009年は136万人)の観光客が徳島を訪れるそうです。

阿波踊り

阿波踊りは、三味線 、太鼓 、 鉦(かね)、 横笛 などの2拍子の伴奏にのって踊り手の集団(「連 」)が踊り 歩きます。

阿波踊り

「えらいやっちゃ、えらいやっちゃ、ヨイヨイヨイヨイ、踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らな損々…」が、阿波踊りの定番のように思っていましたが、大手の有名連以外はあまり使われず、主に「ヤットサーヤットサー」という掛け声のほうが多用されているそうです。

阿波踊り

阿波踊り

阿波踊りを踊るグループを「連」と呼び、有名な大きな連もたくさんあり、毎年阿波踊りに出場するために、練習を重ねています。

阿波踊り

連には、協会に所属するものや、商店街の人たちや、青少年会、会社で結成されたものなど、様々です。

阿波踊り

徳島の阿波踊りには、大小様々に、1000組(うち企業連が350前後)近くの連が参加し、さらに街頭での参加者まで含めれば総参加者数は10万人にも上るといわれています。

阿波踊り

阿波踊り

会場に着くと、阿波踊りの衣装に身を包んだ、踊り子さんや、阿波踊りの楽器の音で、盆踊りとは思えないほど、賑わっています。

阿波踊り

いろいろ、阿波踊りの衣装がありますが、見てて、華やかさと、色気があるのは、鳥追い姿の、女性の、踊り子たちです。阿波踊りでは、品をよく踊ると、縁談がくるそうです。

阿波踊り

「阿波の殿様蜂須賀公が 今に残せし阿波おどり 、ひょうたんばかりが浮きものか 私の心も浮いてきた 踊りおどらば 品よくおどれ 品のよいのを嫁にとる」

阿波踊り

徳島市阿波踊りは、一日に2回~3回に分けて、阿波踊りのパレードが行われ、毎年、阿波踊りの順位を競います。

阿波踊り

阿波踊りには、「男踊り」「女踊り」があります。

阿波踊り

「男踊り」は手ぬぐいや、うちわを使った、体を大きく動かす、男らしい、力強い、時には滑稽に、踊ります。

阿波踊り

「女踊り」では、浴衣に、綱傘と、下駄を履いた衣装で、艶っぽく、上品に踊ります。

阿波踊り

どちらの踊りも、男性は男踊り、女性は女踊りという、絶対なルールは無く、女性が男踊りを踊る、勇猛な姿や、男性が女性を真似て、踊る姿も見ることができるようです。

阿波踊り

2010年8月12日(木)