ジョンソン・エンド・ジョンソン ビジョンケア カンパニー社長に森村純さんが就任です。おめでとうございます。歴代社長回顧

投稿No:8673

ジョンソン・エンド・ジョンソン ビジョンケア カンパニーに森村純さんが就任 歴代社長回顧 ジョンソンエンドジョンソン関連記事アーカイブ 

ジョンソン・エンド・ジョンソン・ビジョンケア カンパニー 新社長に森村純さんが就任です

2020年4月24日に海老原育子前社長が急逝されて、2か月が経過しました。

6月下旬のある日、社長研究室のジョンソンエンドジョンソン社の記事に、

アクセス数が急伸しました。

アクセスを集めた記事は、2012年2月28日の

『ジョンソンエンドジョンソン社戦略的マーケティング責任者 森村純部長の表敬訪問』です。

これは、人事面で何か変化があったと思い、

ジョンソンエンドジョンソンで、

ネット検索すると、

『ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニー 

新プレジデント就任のお知らせ』の記事がありました。

海老原社長の後任社長に森村純氏が決まりました。

写真出所 PRTIMES

ジョンソン・エンド・ジョンソン・ビジョンケア カンパニー歴代社長回顧

初代社長 廣瀬光雄氏 ジョンソン・エンド・ジョンソン・ビジョンケア カンパニー 

志・挑戦、そして感謝 / 廣瀬 光雄【著】 - 紀伊國屋書店ウェブストア ...

(写真出典 志・挑戦、そして感謝 (日本語) 単行本 – 2018/6/26 廣瀬光雄 (著))

廣瀬光雄元社長は、元日本眼科医会会長を仲介者として、

トップセールスでわが社との取引関係を拓きました。

1988年 4月~1998年12月

ジョンソン・エンド・ジョンソン メディカル株式会社  代表取締役社長

1991年 7月~1999年 1月

ジョンソン・エンド・ジョンソン ジャパン インコーポレイテッド日本代表兼務

1999年 1月~2000年12月

ジョンソン・エンド・ジョンソン メディカル株式会社

及びジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社最高顧問

(1999年10月ジョンソン・エンド・ジョンソン メディカル株式会社、

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社合併)

1999年 4月~

有限会社マベリックジャパン設立 代表取締役社長

2000年 1月~2001年12月

ジョンソン・エンド・ジョンソン ディベロップメント コーポレーション日本代表

2001年 5月~ 

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社ビジョンケアカンパニー 最高顧問

資料出典 日本経営開発協会

2代目社長 大瀧守彦氏 ジョンソン・エンド・ジョンソン・ビジョンケア カンパニー 

大瀧守彦元社長とは、何度も意見交換をした思い出があります。

ジョンソン・エンド・ジョンソン大瀧守彦社長インタビュー

平成8年8月

ジョンソン・エンド・ジョンソン(株)ビジョンケアカンパニー代表取締役社長

平成23年8月 (株)パソナ取締役副会長

平成25年6月 日本特殊陶業(株)社外取締役(現任)

平成28年6月Henry Schein Japan(株)取締役(現任)

平成28年8月株 パソナ副会長(現任)

3代目社長 デイビッド・R・スミス(David R. Smith)氏 ジョンソン・エンド・ジョンソン・ビジョンケア カンパニー 

 

デイビッド・R・スミス社長からのコメントです。

松葉社長の社長研究室に、寄稿させて頂くことを嬉しく思います。

ジョンソン・エンド・ジョンソン(株) ビジョンケア カンパニーは、

さんプラザコンタクトレンズ様とのパートナーシップに感謝すると共に、

私個人も松葉社長のご友情に感謝しております。

松葉社長からご依頼の「私の略歴」をご紹介させて頂きます。

1983年に新卒で入社したプロクター&ギャンブル社(P&G)を経て、

私がジョンソン・エンド・ジョンソン (株)ビジョンケア カンパニーに入社したのは、1988年でした。

世界初の使い捨てコンタクトレンズである「アキュビュー」の販売を、

初代営業部員の一人として担当しました。 

米国勤務の後、ヨーロッパに3年間赴任しました。

日本滞在は合計6年になります。

最初の滞在は1997年~2000年、

そして2010年に来日して現在(2013年)に至ります。

私も家族も、日本の生活を心から楽しんでいます。

東京の代々木公園の近くに住んでおり、

うれしいことに、美味しい食べ物や、

様々な娯楽や文化的なイベントが楽しめます。

特に、新しいレストランを訪ね、

和食や色々な国の料理を味わうのが、私と家族の楽しみです。

近くには神宮球場もあり、野球観戦には絶好の場所です。

ちなみに、私も家族もヤクルト・スワローズのファンです。

日本はどこに行っても、皆さんとても親切で、気さくな方ばかりです。

日本は笑顔の国、そして、日本の食べ物は世界一だと思います。

日本の旅行はとても素晴らしく、

温泉でゆったりくつろげる伝統的な日本の宿もまた格別です。

日本中あちこち旅行しましたが、

お気に入りの場所を一か所だけ挙げることができないくらい、

どこも楽しい思い出でいっぱいです。

今年の夏には、私と妻とで、富士登山をしました。

早朝に出発し、昼前に頂上に着き、

五合目の駅に戻ったのは夕方5時で、非常に疲れましたが、

壮観な景色を楽しみ、大きな達成感に浸ることができました。

松葉社長から、日本に住み始めて、

何か戸惑った話や恥ずかしかったエピソードについて聞かれました。

実はそういう話は少なからずあり、内緒にしておきたいのですが、

1つだけお話しましょう。

1997年に最初に日本に赴任した当時は、日本語がほとんどわからず、

日本のプロ野球のチーム名に、

オーナー企業名がついているとは知りませんでした。

その何年も前に、「東京ジャイアンツ」や「広島カープ」

という名前を聞いたことがあったので、

日本のプロ野球チーム名も、アメリカと同じく「都市名+チームのニックネーム」

(私の故郷のチームは「デトロイト・タイガース」です)

という組み合わせだと思い込んでいたのです。

ですから、スポーツニュースを読んでいて、

「日本ハムファイターズ」というチーム名を見て、

「ハムファイターズ」というのが一体何なのかわからず、

日本人の同僚に、「ハムファイターズというのは、

『ポーク(豚肉)と戦う忍者』みたいなものかな?」と、尋ねました。

すると、大笑いされて、どんなに恥ずかしかったか、

皆さんにもきっとお分かり頂けるでしょう。

ジョンソン・エンド・ジョンソン(株) ビジョンケア カンパニーは、

コンタクトレンズ業界において視力の向上(Quality of Vision)を通して、

皆さんの生活の質の向上(Quality of Live)をお手伝いできますことを、

幸いに思っております。

弊社のミッションは、「毎日、どこにでも、誰にでも、

健康な視力“healthy vision to everyone, everywhere, everyday”」をお届けすることです。

私たちは、弊社のアキュビュー製品を使用されるお客様の、

健康と安全を第一に考えており、

特にコンタクトを使ってみようかと興味をお持ちの若い方々に、

定期眼科検診を推奨していきたいと思っています。

継続的に眼科を受診することは、非常に大切です。

コンタクトレンズの安全装用の推進に加え、私たちは、

お客様のニーズやさんプラザコンタクト様や松葉社長を始めとする

取引先のニーズにも応える新しいアキュビュー製品をお届けするために、

全力を注いでまいります。

とても楽しい松葉社長のブログで、私の個人的なことをお話しする機会を頂き、

大変光栄です。まことにありがとうございました。

4代目社長 海老原育子氏 ジョンソン・エンド・ジョンソン・ビジョンケア カンパニー

海老原育子前社長は、2017年3月に、わが社に来られました。

5代目社長 森村純氏 ジョンソン・エンド・ジョンソン・ビジョンケア カンパニー 

社長就任は2020年7月1日です。

写真出所 PRTIMES

戦略的マーケティングの責任者森村純部長(当時)の表敬訪問

お知らせの記事を読んで、思い出したのは、

森村純新社長は2012年2月に、わが社に来られたことです。

戦略的マーケティングについて、深く意見交換をしました。

以下は,その回想です。

ジョンソン・エンド・ジョンソン社の戦略的マーケティングの回想

以下は、当時のブログの抜粋です。

組織は戦略に従う』と言われています(アルフレッド・D・チャンドラーJr. )。

デイビッド・R・スミス社長の下で、新しい戦略が決定され、

新しい組織が築かれ、戦略的マーケティングが始まっています。

理論で学んだ事と、実務・実践で行われている

マーケティングの両面からの研究が出来ました。

**

ジョンソン・エンド・ジョンソンの

デジタル・アンド・ストラテジックプランニング部

ディレクターの森村純さんと

新しいマーケティングについて意見交換をしました。

1991年から我が国に使い捨てレンズが登場し、

その後、使い捨てレンズは、どんどん普及し、

今日ではコンタクトレンズのおよそ90%が、使い捨てレンズになっています。

**

使い捨てレンズを販売するメーカーにとっては、

高い普及率になって、市場が成熟化しています。

将来的には若年層の人口は減少傾向で、ユーザーの伸びは期待できません。

**

使い捨てレンズが普及するに従って商品性が強くなり、

コンタクトレンズの持つ特性である、医療性の認識がだんだん薄れ、

むしろ日用品的な認識が広がり、高度管理医療器機なのに、

コンタクトレンズがコモディティ化しています。

**

そうなると、医療用具として、正しいケアと使用方法を守る、

コンプライアンスの低下が心配になってきました。

一つの例が、対面販売以外で購入する割合が増えている事です。

**

対面販売の場合は、継続的に購入する機会に、

コンプライアンスについて注意・警告する事ができます。

そこで、ジョンソン・エンド・ジョンソンとしては、

新しい経営戦略が必要となってきます。

使い捨てコンタクトレンズを使う装用者への

①目の健康管理 

②販売店との協働 

③自社レンズのエンドユーザーの購買データ管理 

④ユーザーへのコンプライアンスの呼びかけ、

などの新しい戦略的マーケティング手法について、意見交換がありました。

ジョンソンエンドジョンソン 経営戦略関連記事 アーカイブ

2012年2月27日(月)

この過去のブログ記事を読んで、森村純社長のことを思い出しました。

森村純社長の紹介記事 PRTIMES 2020年6月24日より

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニーは、2020年7月1日付で、

森村 純が当社プレジデントに就任することをお知らせいたします。

森村 純は、2006年にシニア マーケティング リサーチャーとして当社に入社し、
 
その後デジタルマーケティング チームのリーダーとして、
 
100万人以上の会員数を誇るユーザー向けプログラム
 
「Myアキュビュー® (現Myアキュビュー® +)」の立ち上げをはじめ、
 
主要なマーケティングキャンペーンを牽引してきました。
 
2014年には戦略担当シニア ディレクターに就任し、
 
新たなビジネスモデル構築の基礎を築き、
 
当社の事業成長に大きく貢献しています。
 
2018年5月からは、当社のグループ企業である
 
米国ヤンセンファーマシューティカル インクに移り、
 
コマーシャル データサイエンス チームにおいて
 
人工知能などのモデル開発に従事し、
 
2019年から同チームを統括するバイス プレジデントを務めています。

当社は1991年に世界初の使い捨てコンタクトレンズ

 
「アキュビュー® 」を日本に導入して以来、
 
常に使い捨てコンタクトレンズ市場をリードし続けてきました。
 
新しいリーダーの下、日本におけるトータルアイヘルスのリーディングカンパニーとして、
 
ビジネスの持続的発展および革新的なイノベーションに注力し、人生100年時代の人々の目の健
 
康を守るためにクオリティ・オブ・ビジョン(QOV)の向上を目指すとともに、
 
日本から世界で活躍できる人材育成にも積極的に取り組んでいきます。

なお、森村 純はジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 株主総会および取締役会を経て代表

 
取締役に就任予定です。

森村 純(もりむら じゅん)

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニー プレジデント

 
2020年7月1日付 就任予定

【生年月日(出身地)】1970年5月9日(東京都)

 
【学歴】1994年7月: 米国テキサス州立大学エルパソ校ビジネスアドミニストレーション、
    
    経営学、経済学 学士
   
    2001年5月: 米国テンプル大学(日本校)経済学 修士

【社歴】1994年10月~2000年8月:

 
インターナショナル クリエィティブ マーケティング(現在カンタージャパンに併合)

2000年8月~2003年4月:アマゾンジャパン株式会社】
2003年5月~2006年4月:DHL ジャパン株式会社 

2006年4月~2018年4月:ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニー

2018年5月~米国ヤンセンファーマシューティカル インク 現在に至る