ボシュロムジャパン 社長紹介・ジャンニ・コッサー社長から頂いた自己紹介文

投稿No:8586

ボシュロムジャパン ジャンニ・コッサー社長のご紹介

ボシュロムジャパンのジャンニ・コッサー社長は、

先日、我が社に二度目の訪問をして下さいました。

ボシュロムジャパンのジャンニ・コッサー社長より、

社長研究室の読者の皆様へ、

自己紹介文を頂きましたので、紹介させていただきます。

ボシュロムジャパン ジャンニ・コッサー社長のコメント

皆様

私自身のことを、皆様にご紹介する機会を頂き、大変光栄です。

いくつかの項目に分けて紹介させて頂きたいと思います。

ボシュロムジャパン ジャンニ・コッサー社長の略歴

ミラノ生まれです。

私の家族のほとんどが今もミラノに住んでいます。

数年前に来日するまで、

イタリア、イングランド、アイルランド、アメリカ、ベルギー、シンガポールで

主に国際ビジネス、オプティクス/ビジョンケア業界のリテールと

マネージメントコンサルタント領域(B2B&B2C)において学び、仕事をしてきました。

ボシュロムジャパン ジャンニ・コッサー社長  職歴

ボシュロムジャパン入社前は、ドイツのGfKという会社で8年前に

業界市場のグローバルコンサルタントをしておりました。

ボシュロムを始め、この業界における世界中のメーカーやリテール企業が私の顧客でした。

前職在職中は、年に3-4回来日し、

この素敵な国の歴史、素晴らしい国民の皆様が好きになりました。

 

私の特別な思い出です:私がxx歳になった時、

誕生日に何か特別なことをして祝おうと思いつきました。

その時に初めて婚約者を日本に連れてきて

一緒に世界で最も素晴らしい国で私の誕生日を祝いました。

それは2015年のことでしたが、

その時には数年後、日本に住むことになることは思ってもいませんでした!!!

コンサルタントをする前にはイタリアの一流チェーン、

サルモイラギ&ビガノ(現在はルクソティカグループ)という

リテール企業で働いていました。

その時はコンタクトレンズ、眼鏡用レンズ、

アイウェアなど、すべての主要メーカーの顧客でした。

リテールでのこの経験は、私の将来のキャリアにとって

非常に重要なものとなりました。

私の心の奥底にはいつもリテールとしての自分が残っています。

ですから私は日本の眼科様や販売店様を訪問し、

日本や海外の市場についてお互いに情報交換をするのが好きなのです。

グローバル市場や、この業界におけるすべての会社についての

豊富な経験がありましたので、

日本に、そしてボシュロムにたどり着いたとう自然な流れでした。

私は、世界でも有数の素晴らしい国に住み、

またこの業界でもっともリスペクトされている業界で働くことができる

この機会を日々感謝しています。

ボシュロムジャパン ジャンニ・コッサー社長の 学歴及び学術活動

一学期間アメリカボストンのハーバード大学で過ごした後、

ダブリンのトリニティーカレッジで経営学修士(MBA)を取得しました。

Trinity College Dublin Arms.svg

 

写真出典 ウィキペディア(Wikipedia)

 

また、イングランドの公認マーケティング機関より、

公認マーケスターとしての認定も受けております。

また、イングランド、オーストラリア、イタリアでは

様々なマネージメント関連の文献も執筆しており、

修士課程ではソレ24オレというミラノのビジネススクールの授業のもとへ通い、

ミラノのSDAボッコニ大学にも通いました。

前職では世界中の国際ビジネス会議や展示会において

頻繁に講師や会長を務めておりました。

この点では、現在の私の生活はよりシンプルになっており、

毎日食べ、寝て、ボシュロムのことを考えて続けています。

現在は日本の患者様に高品質で安全な製品を届けるため、

私のエネルギーと時間を優秀な日本人チームと

日本の素晴らしいお客様をサポートすることに使っています。

ジャンニ・コッサー社長の コロナウイルスについてのコメント

私も皆様同様、この新型コロナウイルスのことについては大変心配しております。

日本の皆様が東京オリンピック2020を延期しなければならないことに

どれだけがっかりされているかもよく分かります。

ですが、これは日本人の方々の安全のためにも必要な決定だったと思っています。

ヘルスケア企業の社長として、

私はお客様、ステークホルダーの皆様、

そして弊社社員に対して責任を負っていると思っています。

この場をお借りして、日本政府や医療関係当局が発表しているメッセージとともに、

皆様には是非安全に、できる予防策はすべてとって頂くようにお願いします。

先ほども申し上げましたが、

私の家族のほとんどが今回甚大なコロナウィルスの影響を受けているミラノに住んでおります。

彼らとは常に連絡を取っており、

イタリア内外に住む家族にマスクを送りました。

私は日本人の伝統的な国家、清潔さ、

強い意志が今後も日本を支えてくれるものと確信しています。

どうぞ安全にお過ごしください。

下記写真は1月に行われたセミナーの模様です。

この時はまだセミナー実施することができました。

   ー 了 -

自己紹介コメント 寄稿ありがとうございました

以上が、ボシュロムジャパン ジャンニ・コッサー社長 からの寄稿でした。

私からお願した、自己紹介コメントですが、

喜んで引き受けていただき、ありがとうございました。

前回、神戸にお越しいただいたときは、

イタリアでの新型コロナウイルスの感染は、

今のようではありませんでした。

短期間のうちに、ヨーロッパでコロナウイルスが蔓延しています。

新型コロナウイルスで、私たちの日常生活は大きく変わっていますが、

多くの方が、コンタクトレンズを必要としていることはかわりません。

ボシュロムのコンタクトレンズのユーザーへ、レンズとサービスをお届けできるように

協力していきたいと願っています。

ボシュロムジャパン社長 関連記事 アーカイブ

 

2020年4月4日(土)