割に合わない 家庭菜園 労力に合わない雑草、獣害、農具費用

投稿No:8532

家庭菜園の収穫

割に合わないとは、労力の割りには結果が伴わないこと

割に合わないのが、家庭菜園の収穫です。
 
割に合わないとは、労力の割りには結果が伴わないことです。
 
大した得にならないこととも言います。
 
仕事の場合、請け負った仕事が、労力に見合わない賃金の場合、割に合わない仕事と評価します。
 
それでも、仕事が無い場合は、受けてしまいます。
 

割に合わない 家庭菜園

家庭菜園を、昨年春から始めました。
 
土地を耕し、肥料を入れて、園芸資材も買いました。
 
夏野菜の、トマト、ナス、キュウリ、オクラ、スイカ、メロン、
 
里芋、枝豆などの苗を買って畑に植えました。
 
生育は順調で、収穫を楽しみにしていたのですが…。

割に合わない理由 獣害の襲来

家庭菜園で楽しみは、収穫です。

もうすぐ収穫、と思っていたら、猪や、得体の知れない動物、空からは鳥の獣害に遭って、割の合わない結果になたのです。

芋類は、土を掘り返して、食べられました。

すいか、メロンは、収穫寸前にごっそり食べられました。

収穫できたのは、茄子、きゅうり、オクラなど、猪の好きでないような野菜でした。

割に合わない 獣害対策

獣害対策の柵を畑の周囲に張りめぐらせて、これで一安心と思っていたら、イノシシは柵の下を掘って侵入。

得体の知れない小動物は柵の隙間から侵入。

これでは柵を作ったことは、割に合いません。

割に合わないが 冬は好転

冬になると獣害は一服しています。

家庭菜園は平和になりました。

秋に植えた葉菜類は、暖冬のせいもあって、順調に成長しています。

淡路市岩屋の家庭菜園からは明石海峡大橋と対岸の明石・垂水・須磨がはっきり見えています。

この景色を名ながら、一服するのも、家庭菜園の効果です。

割に合わない理由 豊作で安い

今日の収穫は、小蕪を予定しています。

小蕪を収穫して、漬物を漬けるつもりです。

道の駅で見た小蕪は、5本の一束で僅か100円でした。

暖冬で、野菜は豊作で、価格は低迷しています。

これでは、農家にとっては、割に合わない価格です。

家庭菜園は、無農薬栽培

小蕪は、畝の土から顔をのぞかせています。

小蕪の成長具合が土の上に出ているので、一見すると収穫時期かどうか一目でわかります。

自家用の家庭菜園なので、農薬は使っていません。

寒い冬には、蝶々・カマキリなどの虫の被害はほとんど出ていません。

道の駅で並んでいる小蕪に比べて、遜色のない成長ぶりです。

間引きしない家庭菜園

選びながら小蕪を引き抜いていきます。

選んだのは過密になっている小蕪です。

もっと小さい時に間引きするべきでしたが、間引きしないまま、二つ三つの小蕪が共存して育っていました。

割に合わない理由 防草対策費

夏に雑草が生い茂っていた畦道には、防草シートを敷きました。

冬の間、草が枯れている時に、防草シートで畦道を覆えば、春になっても雑草は茂ってこないと思っています。

防草シートは、押さえの釘も必要です。

長い1ロールですが、何本も使いました。

雑草対策も、割に合わない出費です。

冬の野菜は獣害なし

防草シートの上には、獣の足跡が残っていました。

獣たちは、冬でも菜園に来ていることが分かりました。

しかし、食べたい作物が無いようで、野菜を食べた痕はありません。

獣たちは菜園に来ていても、土を掘ってみたり、かじってみたりする芋類や果実がないのです。

獣たちは、根菜類には興味がないようです。

パッションフルーツの収穫

真冬ですが、パッションフルーツの収穫が始まりました。

垣根に這わせたパッションフルーツには、

数え切れないほどのパッションフルーツの実がぶら下がっています。

葉っぱに隠れて見えにくいのですが、パッションフルーツの葉の蔭に沢山の実がぶら下がっています。

強い風が吹いた後には、パッションフルーツの実が地面に沢山落ちています。

暑い時に完熟したパッションフルーツに比べて、真冬に収穫するパッションフルーツは中の果汁が十分に成熟していない実がいくつもあります。

割に合うのは、パッションフルーツ

奥さんは、パッションフルーツを使って、パッションフルーツゼリーを作ります。

これは孫たちにとても人気のゼリーです。

冬に、パッションフルーツが野外で収穫できたのは、期待と予想を超える成果です。

割に合う成果でした。

収穫した小蕪は、漬物にするまでバケツに水を張って、しおれないようにしました。

レモンの収穫

パッションフルーツと並んで収穫できたのはレモンです。

レモンの実も沢山実っています。

必要なレモンの数を収穫して、一度に沢山のレモンの実を収穫することは控えています。

レモンも無農薬なので、紅茶に使っても紅茶に油は浮きません。

市販のレモンにはワックスがかかっているので、丁寧に払ってもワックスの油が紅茶のティーカップに浮いていることがあります。

こんなに収穫が順調にできると、今年の春から夏に植える野菜の洗濯に迷いが出ます。

猪や獣が好きでない野菜を選ばないと、また去年の夏のように収穫が全滅することになります。

割に合わないけど、止められない

割に合わないのが、家庭菜園です。

魚釣りと同じように、労力の割には結果が伴わないのです。

しかし、これが趣味というものです。

趣味なら、労力も、経費も、結果と比較しても、また続けたくなります。

家庭菜園 関連記事 アーカイブ

 

2020年2月9日(木)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください