木下大サーカス神戸公演のポスターが、届きました。

木下大サーカス神戸公演は、2010年9月11日(土)~11月9日(火)です。

世界三大サーカスのひとつ、「木下大サーカス神戸公演」のポスターが、さんプラザコンタクトレンズに届きました。

木下大サーカス神戸公演

どうして、我が社がポスターの送り先に、選ばれたのでしょうか?不思議に思いながら、封書を開けてみると、ポスターや、割引券が、入っていました。

木下大サーカス神戸公演

ポスターを広げて、壁に貼ってみると、以前に見た、サーカスの思い出が浮かんできます。サーカスは、そんなに多く、思い出があるものではありません。松葉博雄が、思い出す、一番直近のサーカスでさえ、確かポートピア博覧会が1981年にあったときに、博覧会に協賛した、サーカスを、子供3人を連れて、奥さんと親子5人で、見たのが最近のサーカスの思い出です。

木下大サーカス神戸公演

あれから、29年です。3人の子供は、今では、「サーカスに連れて行って」と騒がなくなりました。むしろ、これからは子供を連れて行く立場になります。

そうなると、サーカスの需要は、30年に一回かもしれません。こうなると、サーカスとは、親子の思い出を作ることであり、子供の頃の回想でもあります。

木下大サーカス神戸公演

神戸公演の開催期間は2010年9月11日(土)~11月9日(火)です。毎週木曜日が休園日ですが、9/23日(木)は秋分の日の祝日なのでオープンするようです。代わりに9/22(水)が休園日となっています。

一般前売券の場合で、おとな2500円、こども1500円です。当日券になると、おとな2800円、こども1800円です。平均的な、親子4人の家庭で、一緒に行けば、結構な出費になりますが、一生の思い出と思えば、奮発して下さい。

木下大サーカス神戸公演
30年ごとに見る、サーカスのプログラムを見ていると、大体同じメニューです。サーカスの定番と言えば、①空中ブランコ、②猛獣ショー、③舞台での手品、④ピエロのショーです。

木下大サーカス神戸公演

今回も、一番大きな紙面を割いて紹介しているのは「ライガーミラクル世界猛獣ショー」 です。ポートピア博覧会の、その前のサーカスを見た思い出はいつだったか、こうなると小学生の頃だと思います。ポートピア博覧会よりも、やはり30年くらい前です。

木下大サーカス神戸公演

ライガーは、ライオンを父に、トラを母に生まれた“奇跡の猛獣”だそうです。LionとTigerを掛け合わせて「Liger」ということでしょうか。

子供のときは、サーカスの舞台の裏にある、動物を飼育する施設に行き、近くで、舞台に出てくる、大きな動物を間近に見ると、動物園で離れて見るのとは違った実物大の大きさを感じて、感嘆した思い出があります。

 

2010年7月29日(木)