ありえない、ありえない事です。船頭さんが、櫓を漕いでいる船に乗って、お弁当を食べるなんてありえない事です。葦(アシ・ヨシ) 近江八幡の葦 近江八幡水郷めぐりで、葦の群生を見る。

ありえない、ありえない事です。船頭さんが、櫓を漕いでいる船に乗って、お弁当を食べるなんてありえない事です。 日帰りツアー【近江八幡(8)】

ありえない、ありえない事です。船頭さんが、和船の船の櫓を漕いでいる船に乗って、お弁当を食べるなんてありえない事です。

近江八幡水郷巡り

「近江八幡水郷めぐり」を2010年5月14日(金)にしました。豊年橋から船に乗って、始まります。

近江八幡水郷巡り

迷路のような葦の群生地を、古風な手こぎ船でゆっくりと進んで行きます。

近江八幡水郷巡り

「水郷めぐり」は、今から400年前に、豊臣秀吉が宮中の舟遊びに似せて、舟中で句を詠み、茶会を催したことに始まったと言われています。

近江八幡水郷巡り

舟に揺られながら、遠くの景色を眺めていると、豊臣秀次がこの地を居城として選んだのも分かります。

近江八幡水郷巡り

ここは、琵琶湖八景のひとつに数えられる景勝地です。

近江八幡水郷巡り

舟が進んで行くと、葦の陰から野鳥が鳴いているのが聞こえてきます。水郷地帯の美しい景色を作る葦は、水を浄化する機能があります。

近江八幡水郷巡り

浄化された水は、鳥や魚たちだけでなく、人間にとっても大切な命の水となっています。

近江八幡水郷巡り

舟はモーターではなく、自然保護のため、船頭さんの手こぎです。モーターを使わないのは、近江八幡和船観光協同組合のこだわりです。

近江八幡水郷巡り

狭い水路を抜けて湖沼に出ると、今までとは違った景色が広がります。

近江八幡水郷巡り

目の前には、八幡山や安土山がそびえています。誰しも詩人にしてしまいそうな、そんな素晴らしい景色です。

近江八幡水郷巡り

朝、安土城に上り、安土城からこの水郷地帯を上からの目線で見てきました。今は船に乗って、下からの目線で安土城を見ています。

近江八幡水郷巡り

「水郷めぐり」は、「日本一遅い乗り物の旅」と言われています。葦といえば、パスカルです。

近江八幡水郷巡り

パスカルは、「人間は考える葦である」と言いました。パスカルは、「人間は、一本の葦に過ぎない、しかし、それは考える葦である」と表現しています。

近江八幡水郷巡り

真理と正義を渇望しながら、実現できず、平安を求めながら、倦怠には耐えきれず、社交や賭博、出世競争や戦争といった「気晴らし」に身をやつしています。

近江八幡水郷巡り

近江八幡水郷巡り

琵琶湖に続く湖沼で、手こぎの和船に乗り、通り過ぎていく湖水に伸びる葦の群生を見ながら、何か有意義なことをしたいなと思いながら、関白秀次が興じた船遊びで「気晴らし」を楽しんでいる松葉博雄も、考える弱い葦でしょうか?

近江八幡水郷巡り

「豊年橋」を発着する元祖「近江八幡水郷めぐり」は、司馬遼太郎作の「街道をゆく」にも登場しています。

近江八幡水郷巡り

予想通り、5月といっても、近江八幡の5月は、風が冷たい、北国のような肌寒さがありました。

近江八幡への近隣ツアーは終わりです。