分娩室の外の廊下には、生まれたばかりの赤ちゃんの泣き声が聞こえました。まるで、子猫の鳴くようなかわいい声です

孫ブログ/松葉博雄の家族・好々爺日記

携帯電話が鳴り、外で待機していた松葉博雄に、「そろそろですよ」と連絡がありました。少し空気が冷たい秋の夜です。

** **
外で待機していた松葉博雄に、「そろそろですよ」と連絡がありました

 

急ぎ、病院に入り、エレベーターに乗り、病室に入ってみると、分娩室に行った後です。ここまでの1週間は、今か今か、まだかまだかの連続でした。

孫の誕生 孫の誕生

 

とうとう、そのときがやって来ました。分娩室に入って、しばらくすると、赤ちゃんの泣くおぎゃーおぎゃーの声が廊下に聞こえました。どうやら、元気に生まれたようです。

** **
赤ちゃんの泣くおぎゃーおぎゃーの声が廊下に聞こえました

 

昔のように、生まれた子を取り上げて、産湯に入れ、ガーゼの着物を着せて、すぐに見舞いの人たちに披露するということは、ありません。

孫の誕生 孫の誕生
少し距離を置いて、まるで通過する一瞬を待っているような対面です

 

しばらく、じっと赤ちゃんが廊下に出てくるのを待っています。赤ちゃんとの対面は、少し距離を置いて、まるで重要な人が車で通過する一瞬を、窓越しから、ちらっと見るのを待っているような対面です。

孫の誕生 孫の誕生

 

感染の問題があり、病院側も十分に予防しています。夜勤の先生や、看護師さん、助産婦さんらのチームは、出産が終わると、すぐに記録を取り、赤ちゃんに疾患がないか、確認の作業に入っています。

孫の誕生 孫の誕生

 

長い1日でした。赤ちゃんを見て、娘の元気な顔も見て、今まで苦しんでいた、産みの苦しみが、嵐のように去ったようです。

つわりが強いときは、魚はダメ、炊きたてのご飯の匂いがダメ、あれがダメ、これがダメと、苦しんでいました。陣痛も失神するほどの苦しみようでした。

でも、生み終えると、点滴を受けながらも、歩けるほどの回復振りです。これで一安心です。

病院を出て、家に帰るときは、見上げると、雨は上がり、月が雲間から少し覗いて見えました。