海の日 沖縄の海を 沖縄のサンゴ礁を 守らなければ

投稿No:8322

7月15日は海の日です。

海の日にちなんで、沖縄の海でもぐった思い出を整理します。

勝連半島 宮城島アクナ浜

うるま市 与那城宮城にぬちまーす観光製塩ファクトリー(製塩工場)から見える海です。

ぬちまーす観光製塩製塩工場から見た石切場の真下の浜辺に来ました。

魚はあまりたくさん居ません。

02.jpg (500×375)

瀬良垣(せらがき)ビーチ

瀬良垣(せらがき)ビーチは沖縄恩納村の海に広がるビーチです。

瀬良垣ビーチは、クローズされているので、人のいない海になり、遠慮なく遠くまで泳いで行きます。

瀬良垣ビーチは今クローズされているので、人がいなく、監視員もいなく、ジェットモーターもいなくて、とても泳ぎやすい場所です。

3時間くらいシュノーケリングをして、十分、瀬良垣ビーチのきれいな海と魚を楽しみました。

瀬良垣ビーチ

瀬良垣ビーチで、シュノーケリングをして、ミノカサゴを捕獲しました。

南浮原島

今回は南浮原島に渡るには、マリンクラブのツアーに参加しました。

主催者側は、安全対策に対してとても規制があって、気ままに、勝手に深いところに行けません。

シュノーケリングのとき、ウエイト付けのための鉛を腰に付けることも許されませんでした。

南浮原島でシュノーケリング

これでは、深くは潜れません。安全対策に対する規制が強すぎて、思ったようにシュノーケリングが出来ず、子どもの水浴び大会のように、初心者向けのシュノーケリングになったので、うんざりして、シュノーケリングを止めてしまいました。

瀬底

瀬底島でシュノーケリングをしました。瀬底島は海流があるので、サンゴの生育には適しています。海流がよどむと、水温が上がりサンゴの白化現象がおきるのです。

瀬底島の少し珊瑚がありそうなところに行ってみました。

昔からの枝珊瑚は、もうほとんど死滅していますが、その中に、新しい珊瑚が芽を出していてました。

触ってみると、柔らかい、フワフワとした感じです。

瀬底島

下地島は宮古島の離島

下地島は宮古島の離島です。

伊良部大橋が架かれば、この下地島の珊瑚の海は、どのように保護されるのでしょうか?

ダイバーが呼吸する度に、口からは空気の泡が上がってきて、何人もの泡は、まるで空気のカーテンのようです。

ザトウクジラは集団で魚をとるとき、この空気の泡をカーテン代わりに使って、魚を一カ所に追い込み、まとめて大きな口ですくい取るそうです。

まもなく橋が架かって、宮古島から下地島へと車で来れるようになると、この辺りも気軽に沢山の人が来るようになり、今のこの珊瑚礁の景観は変わってくると思います。

人と一緒に珊瑚は棲めません。

渡名喜島 

長澤まさみ主演の映画「群青」のロケ地です。

誰もいない海、温もりの海郷(さと)でシュノーケリングをします。

突然、水深が深くなった場所を見つけました。

水深が深くなっているところは、10メートル以上の深さとなっています。周りを見てみます。

水深が深いところは、水温が低いのか、枝珊瑚がまだ生き残っています。

これは、白科現象が起きなかったようで、水温があまり上がらなかったせいでしょうか。

まとめ

海の日に、沖縄の海で潜った、思い出を整理してみました。

沖縄の海は年々、歳歳、自然が破壊されています。

海からの恩恵を受けながら、海を壊して行っている矛盾に気が付きます。

サンゴ礁が存続できる環境を守ることは、私たちが海と共存できることにつながります。

沖縄の魅力 沖縄病に戻る