但馬と言えば、豊岡の「植村直己冒険館」と「西田屋」の但馬牛です。植村直己冒険館では、実物の重さのリュックを背負ってみました。「西田屋」さんのお昼定食は、味噌味の焼肉でした

但馬へ近隣ツアー(8)

この近くには、冒険家の植村直己さんの冒険館があります。植村直己さんは、豊岡市の出身で、その縁が冒険館設立になっています。

植村直己さんの冒険館

入場券を買って、記念館の中に入っていくと、通路は雪の割れ目をイメージしたコンクリートのクレパスです。

植村直己さんの冒険館

植村直己さんがどんな冒険をしたのか、記念館をまわってみて分かりました。

植村直己さんの冒険館

冒険家として、エベレスト、モンブラン、キリマンジャロ、マッキンリー、アコンカグアの五大陸にある最高峰に登頂したことです。

植村直己さんの冒険館

展示物には、北極でエスキモー犬が引っ張るそりに、携帯物をたくさん積んで、食料は現地調達をしながら、激しい吹雪と寒さに耐えながら、北極点に着いた記録がありました。

植村直己さんの冒険館

植村直己さんの冒険館

氷が凍結したところに穴を開けて、オヒョウを釣った事例や、アザラシを銃で撃って、食糧にした様子が分かりやすく絵に描かれていました。

植村直己さんの冒険館

アザラシやトナカイ、カリブーを捕らえると、直ちに解体して、お腹が空いたワンちゃんにもあげています。

植村直己さんの冒険館

エスキモー犬の実物標本が、展示されています。

とても大きな体格です。シロクマの毛皮もありました。畳一枚より広い大きさです。

植村直己さんの冒険館

植村直己さんが、背中に背負っていた見本がありました。試しに背負ってみると、立てるものではありません。

植村直己さんの冒険館

すごく重いのです。この荷物を背負って、山に登ったとは、到底信じられない強靱な体力です。

植村直己さんの冒険館

六甲山ぐらいしか、しかも車でしか、登れない松葉博雄から見れば、五大陸の最高峰を、肩に荷物を背負って、登頂したと大変な偉業だなぁと感心しました。

但馬牛の専門店「西田屋」

植村直己さんの記念館を出た頃は、お昼の食事の頃です。豊岡は但馬です。

但馬牛の専門店「西田屋」

但馬と言えば、但馬牛です。

但馬牛の専門店「西田屋」

ここ豊岡では、但馬牛を食べて帰ります。

但馬牛の専門店「西田屋」

訪問したお店は、但馬牛の専門店「西田屋」さんです。これまで観光バスで来た時には、案内されたことがないお店でした。

但馬牛の専門店「西田屋」

地元の方が知っていても、ツアー客には知られていないお店かもしれません。

但馬牛の専門店「西田屋」

お昼の定食をお願いしました。かなりたくさんの焼肉が盛りつけられています。ここでも、残念ながら、車の運転のため、ビールは飲めません。

但馬牛の専門店「西田屋」

但馬牛の味付けは、味噌味で頂きました。「西田屋」さんの伝統の味なので、その辺の味噌味とは違います。

但馬牛の専門店「西田屋」

秋の夕暮れは、つるべ落としと言われるように、すぐに暮れていきます。帰りを急ぎます。

但馬牛の専門店「西田屋」

途中、パオパオで土産物を買うことにします。買ったのは、たこの塩辛、カレイの一夜干し、漁師の作ったふりかけ、なぜか北海道の削り昆布などです。

但馬牛の専門店「西田屋」

どれも、ご飯のお供になるものばかりです。

2009年10月21日(水)

 


大きな地図で見る