カラスの楽園 収穫直前のトマト カラスに食べられた

投稿No:8319

カラスにトマトを食べられて、残念だ、惜しかった!

トマトが無い!

家庭菜園を見回ってみると、収穫寸前の熟れてたトマトがなくなっていました。

まだ熟していないトマトは残っていました。

イノシシ対策として、防御棚を設置したので、イノシシではないようです。

きゅうりやなすびには被害はありません。

烏はトマトにいつ目をつけていたのか、不思議に思います。

猪が食べたのなら、もっと荒っぽい被害が出てもいいはずです。

他の畝に行ってみると、トマトをかじって美味しくなかったのか、途中で食べるのをやめていた青いトマトもありました。

推測すれば、これはカラスかも知れません。

からすの基礎知識

賢い鳥として知られるカラスは、小学校低学年並みの知能があると言われていいます。

余った食べ物を100カ所以上の場所に隠してもその場所を覚えているそうです。

視力も人の数倍良く、暗い夜でも目が利きます。

鳥眼と言われる、夜は見えないとは違うようです。

若ガラス、親ガラスともに、それぞれ群れをなして集団で行動し、30種類以上の鳴き方で仲間同士のコミュニケーションを取る情報通です。

そう言えば、カラスとトンビが、我が家が見える電柱に止まって、何やら相談していたのを私は目撃しました。

カラスならトマトも食べる

カラスは餌へのこだわりがなく、何でも食べることから、ごみ捨て場の生ごみを荒らし、畑の果実や野菜などの農作物に甚大な被害を及ぼします。

農林水産省によると、2016年度のカラスによる被害総額は16億円を超え、シカ、イノシシの被害に次いで第3位という大きな金額になりました。

やはり、カラスが怪しい。トンビではなさそう。

からすは知能の高い インテリギャング

被害を受けた農作物は、果樹、飼料作物、穀物など多岐にわたり、特に好物の「甘いもの」に該当するトウモロコシやトマト、スイカなどの果菜類、ナシ、ミカン、ブドウなどの果実類への被害が目立っています。

また、ニワトリの卵を食べたり、ビニールハウスを破ったりといった、他の鳥類に見られない特殊な被害も報告されています。

警戒心は強いものの、学習能力の高さで、すぐに慣れて獲物を襲撃する姿はまさにインテリギャング。

こんなカラスに農作物を狙われたら、たまったものではありません。

出典 農林水産省 鳥類の基礎知識 

マイナビ農業

カラスが狙う 次の作物は?

トウモロコシの苗は荒らされていません。

トウモロコシにはまだ実がついていないからです。

カラスは、トウモロコシも狙います。

何しろ、最近のトウモロコシは甘いので、からすも好きそうです。

カラスに食べられた 熟れたトマトは全滅

畑を見回ってみて、収穫寸前のトマトが、ほとんどなくなっていたので、がっかりしました。

カラスとの闘いは、始まったばかりです。

これからどのようにカラス対策をするべきか、新たな課題が出来ました。

カラスはパッションフルーツも狙うのか?

パッションフルーツの実は、順調に増えています。

一つの苗から10個くらいパッションフルーツが実っていました。

まだ収穫できる状況ではありません。

烏はパッションフルーツを狙うのでしょうか?これはまだ分かりません。

からすのおこぼれ なすびを焼きます

奥さんに頼まれて、収穫したなすびを丸焼きしました。

焼きナスです。カラスが食べなかったおこぼれです。

簡易ガスコンロの上に網を置いて、なすびを並べて、焼きました。

なすびは丸いので、網を転がって、ガスコンロから落ちてしまうことがあります。

トングを使って、なすびに火が回るように、丁寧に茄子を回転させながら焼きました。

からすの被害の話ばかり 今夜の夕食

ぬか漬けは、ほどよく漬かってきました。

ぬか床から、取り出したばっ

かりのなすびは、とても綺麗な色をしています。

私のリクエストで、青瓜を漬けてもらいました。

瓜をかじりながら、お酒を飲むのは夏が来た実感がします。

今夜の夕食は、タモリを野菜と一緒にに漬けた、魚料理ともう一つはハンバーグステーキです。

タモリ(セトダイ)は白身の魚で、あっさりとした味です。

ハンバーグステーキに添えていたとトマトは、予定では我が家で収穫したトマトになる予定でした。

心配なのは、トマトを食べたカラスは、一度味を覚えたので、トマトをまた取りに来るのではないかと思います。

豆腐のように見えるのは、ピーナッツで作ったジーマーミ豆腐です。

デザートには、沖縄のマンゴーが盛り付けられています。

まとめ カラスの楽園に家庭菜園があるようです

夏野菜の収穫は、始まったばかりです。これから収穫期を迎えるのですが、カラスとの闘いは、この先続きます。

岩屋漁港が近いので、魚のおこぼれでカラスはたくさん生息しています。

山があるので、カラスは巣を作る場所には、困りません。

自然が豊かなので、小動物を捕食する機会もたくさんあります。

改めて考えると、ここはカラスの楽園です。

賢い、知能の高いカラスから家庭菜園の作物を守るには、わたしも勉強が必要です。

 

2019年7月11日(木)