マーケティングの視点で考えると、豆苗(とうみょう)は、食材なのか、それともエンドウ豆の苗として使うべきか、安くなるのは豆苗を苗として使う方法です。

スーパーに行って、食材を探しているときに、おやっと思う豆苗(とうみょう)が売られています。

豆苗

もやしかなと思って、袋を手にとって、表示を読んでみると、どうやらエンドウ豆を水耕栽培で発芽させ、貝割れ大根のように、若い茎と芽を食材に使うように、売られています。

豆苗

そこで、値段を見ると98円です。ちょっと利用方法を考えてみると、もし、エンドウの苗を買えば、黒いポットに植えられて売られている苗は、一鉢100円ぐらいします。

豆苗

この豆苗をばらせば、きっと苗は100本以上ありそうです。そこで、98円の豆苗を買って帰り、お家でばらしてみました。

豆苗

予想通り、たくさんの発芽したエンドウ豆の若い苗です。一部を今春の絹さやエンドウの収穫のために、3本をひとつにして、日当たりの良い場所に植えてみました。

僅か98円で、相当な苗が入手出来たことになります。こんな上手い手があるとは、思いませんでした。

この豆苗の苗から、今春、絹さやエンドウが収穫できれば、来春からは、ポットに植えて売られているエンドウ豆の苗を買うことはありません。

すぐに土に植えたので、うまくいけば、4月には収穫です。

2009年1月15日(木)