立教大学といえば、長嶋茂雄さんと、「鈴懸の径」の灰田勝彦氏です

立教大学の中には、「鈴懸の径」という石碑がありました。

これは、昔、流行った、鈴木章治のクラリネットで聴いた記憶がある、「鈴懸の径」です。石碑の側には、「鈴懸の径」の歌詞が刻まれています。

「友と語らん 鈴懸の径 通いなれたる 学舎の街」から始まります。

この曲は、ハワイアンの曲を多く歌っていた、灰田勝彦氏が作曲し、佐伯孝夫氏が作詞したということです。

この立教大学の並木通りをイメージして、「鈴懸の径」を作ったということが書かれています。

なるほど、径の両側には、プラタナスの並木が、続いています。作詞した頃は、今の鉄筋コンクリートの学び舎ではなくて、素朴な校舎だったのかなと、予想しながら、詩を読んでみました。

立教大学といえば、長島茂雄さんと思っていましたが、立教大学には、灰田勝彦氏の「鈴懸の径」があるということを改めて知りました。

次に、ウイリアムホールに行ってみます。ここでは学生のために、多くの部室を作っています。最初に目に入ったのは、立教大学体育会応援団の立て看板です。かなり歴史を感じます。

ウイリアムホールには、学生のためのホールがあり、メニューを見ると、ビーフカレーが410円です。

名前は、「山小屋」というお店の名前がついた食堂になっています。昔の山小屋の写真も掲示されていて、きっと、たくさんの学生の皆さんが利用したと思います。

この「山小屋」で、今回の経営行動科学学会の懇親会があるようです。もう一度、1号館に戻ります。

少し天気が曇ってきました。ますますイギリスのイメージに合ってきました。

もしかすると、明日のお天気は、雨になるかもしれません。

松葉博雄は、1号館の前で、レンガの壁にもたれて、立教大学池袋キャンパス訪問の記念撮影をお願いしました。

松葉博雄

神戸から来るときに、もしかして、寒くなったら困ると思って用意してきた薄いコートが、ちょうどぴったりの気温でした。

2007年11月9日(金)