「セアカゴケグモ」が、関西地区に繁殖し、被害拡大しています。関西クモ研究会の予想では、今後も分布が広がるようです。

2007年10月6日(土)付けの朝日新聞朝刊を見ると、11面4版に、毒グモの記事が、写真入りで出ていました。

ちょうど、先日、蜘蛛の観察の様子を掲載したばかりなので、気になりました。

記事の内容は、「毒グモ街に定着・大阪などで被害拡大」という注意の呼びかけが載っていました。

海外から運ばれてきてた毒グモの「セアカゴケグモ」が、大阪を中心に定着し、人の生活圏に活動を広げているそうです。

学校の校庭などでも発見され、駆除すべき特定外来生物種に指定されているものの、分布域が広がるのを食い止める有効な手段はない状態です。

2007年10月6日(土)朝日新聞朝刊の「毒グモ街に定着」の記事
画像をクリックすると、記事を見ることができます

 

大阪府では、庭先でサンダルを履く際などに噛まれたケースもあり、人が暮らす場所で被害が出ているのが特徴です。

「セアカゴケグモ」は、1995年11月に、大阪府高石市の工場敷地で初めて発見され、その後、2005年までに人が噛まれた事故は計4件だけでした。

しかし、昨年から庭先などで噛まれるケースが増え、2005年だけで、計6件と変化が起きています。

一度に数百の卵を産む上、原産地のオーストラリアと違って、天敵がおらず、日本は個体数を増やすのに適しています。

「都市部では、自動販売機の裏など、人工的な暖かい場所も多く、寒い冬でも越冬は難しくない。食い止めるのは難しく、今後も確実に分布を広げていく。」と、関西クモ研究会員の清水裕行さん、話しています。

関西クモ研究会は、追手門学院大学生物学研究室(大阪府茨木市西安威2-1-15)の加村隆英さんが代表をされていて、
会誌「くものいと」を発行したり、
採集・観察会や例会を実施されています。