天然温泉 花の湯(美人湯) 淡路市東浦サンパークの温泉 日本三大美人湯」に匹敵する重曹成分を含有

花の湯 美人湯

2007年5月24日(木)淡路市にある、「東浦サンパーク」の温泉に行ってきました。

ここには、2006年の10月にも来たことがあります

東浦サンパーク

「東浦サンパーク」には、淡路の天然温泉「東浦花の湯」があります。

東浦サンパーク

日本三大美人湯に匹敵する重曹成分を含有

この温泉は、和歌山県の龍神温泉、島根県の湯の川温泉、群馬県の川中温泉の「日本三大美人湯」と言われる温泉に匹敵する重曹成分を含有しています。

東浦サンパーク

「東浦花の湯」の温泉の効能は、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔病、冷え性、産後回復期、疲労回復、健康増進、切り傷、やけど、慢性皮膚病などです。

東浦サンパーク

「東浦サンパーク」からは、のどかな田園風景が見えます。

海と山に囲まれて、自然がいっぱいの場所にあります。

東浦サンパーク

温泉には、リラクゼーションルームやラウンジ、多目的休憩室も併設されています。

東浦サンパーク

外には展望デッキもあります。車で来ると、ビールが飲めないのが残念です。

東浦サンパーク

以前は、温泉のあと、ビールを飲んで、畳の間で、座布団を枕に、寝ている人がたくさんいましたが、最近では、ビールを飲んで、酔いを醒ますために寝ている人が、あまり見当たりません。

これも、飲酒運転が、悪いことだという社会的責任感が、浸透したせいでしょうか?

淡路島 温泉 関連記事 アーカイブ

 


大きな地図で見る