産んでくれてありがとう:お誕生日は、祝ってもらうことが当然ではありません。産んでくれ、育ててくれた両親や、周囲の人に感謝する日です。

産んでくれてありがとう:お誕生日は、祝ってもらうことが当然ではありません。産んでくれ、育ててくれた両親への感謝や、 周囲の人に感謝する日です。

お誕生日は、祝ってもらうことが当然ではありません。産んでくれ、育ててくれた両親や、周囲の人に感謝する日です。

産んでくれてありがとう、と言うように思える年代ができました。

お誕生日は、祝ってもらうことが当然ではありません。

産んでくれ、育ててくれた両親や、周囲のと、人に感謝する日です。

松葉博雄のお誕生日に、お祝いを頂きました

産んでくれてありがとう、思うようになったのは、

2007年5月初旬のことです。

例年通り、5月になると、松葉博雄の誕生日がやって来て、

家族、従業員の皆さん、取引先などの方からお祝いを頂きました。

松葉博雄のお誕生日に、お祝いを頂きました

まず、朝一番、最初にお祝いを頂いたのは、

従業員のお嬢さんからのFAXです。

従業員のお嬢さんからのFAXが届きました

「社長さんへ」というFAXが届きました。

従業員のお嬢さんからのFAXが届きました

お誕生日をお祝いするイラストが描かれていて、

「社長さんへ。お誕生日おめでとうございます」という、

かわいらしい文章と絵のFAXが届きました。

たくさんのプレゼントを頂きました

たくさんのプレゼントを頂きました

その後、会社では、家族、取引先、従業員の皆さんから、

花やプレゼントを頂いて、これを記念に撮っています。

家族、取引先、従業員の皆さんからも、プレゼントを頂きました

家族、取引先、従業員の皆さんからも、プレゼントを頂きました

お誕生日は、産んでくれ、育ててくれた両親や、周囲の人に感謝する日です

朝礼の時に、お礼の言葉として、

「お誕生日と言うものは、祝っていただくだけでなく、

どうして自分が生まれたかを考える日でもある」と、

産んでくれてありがとう、という意味の事をお話しました。

誕生日は、父や母である両親に、産んでくれてありがとうという、

産んでくれた恩、

育ててくれた恩を忘れないようにする日でもあると思います。

さんプラザコンタクトレンズと松葉眼科のスタッフから、

お誕生日祝いのお花を頂きました。

松葉眼科のスタッフからも、お祝いのお花を頂きました

松葉眼科のスタッフからも、お祝いのお花を頂きました

どうして自分が生まれてきたのか、

どこから生まれてきたのか、

そして、どこへ行こうとしているのか、

ちょっと考えてみましたが、分かりませんでした。

とにかく、精一杯生きていくことが、

両親への感謝の表現だと思います。

誕生祝い 関連記事 アーカイブ