関西国際空港からプーケットへ 「ダイヤモンドクリフ リゾート&スパ」に宿泊 タイ・プーケットへ新婚旅行(1)

2006年11月25日(土)にニューオータニ神戸ハーバーランドで結婚式をした、スタッフのOです。

2007年2月15日(木)に、いよいよ新婚旅行に出発しました。行き先はタイのプーケットです。今回が初海外で、初飛行機なので、どうなることか少し心配ですが、とても楽しみです。

タイのプーケットに新婚旅行に行きます タイのプーケットに新婚旅行に行きます
タイのプーケットに新婚旅行に行きます

 

緊張して、手には汗がびっしょりでした。関西国際空港を出発して、マニラを経由して、バンコク、プーケットへ向かいます。飛行時間は12時間以上で、とても長かったですが、無事にプーケットに到着しました。

関西国際空港を出発して12時間後、タイのプーケットに到着しました日本を出る頃は、ダウンジャケットが必要なほど寒かったですが、プーケットに降り立った瞬間、暑い空気を感じました。

「やっと着いた!」と思って、ほっとしました。


 

宿泊するホテルの「ダイヤモンドクリフ リゾート&スパ」に到着しました。このホテルは、カマラビーチとパトンビーチの中間地点にあり、広大な丘の斜面に築かれた大型のリゾートホテルです。

部屋に案内されて入ると、ウェルカムドリンクが出てきました。フレッシュパイナップルジュースで、とても美味しかったです。部屋には新婚用の飾りつけがしてありました。

ウエルカムドリンクが来ました 薔薇の花びらで作られたハート型の中心に、新郎新婦の人形がありました
ウエルカムドリンクが来ました

 

ベッドは女の子の憧れである「天蓋」付で、ベッドの上には、薔薇の花びらがハート型に置かれていて、その中心には、新郎新婦の人形がありました。思わず、「わぁ!かわいい!」と声が出ました。

薔薇の花びらで作られたハート型の中心に、新郎新婦の人形がありました 薔薇の花びらで作られたハート型の中心に、新郎新婦の人形がありました
薔薇の花びらで作られたハート型の中心に、新郎新婦の人形がありました

 

タイはアメリカの文化の影響で、チップの制度があるので、チップを忘れないように、準備しておきます。

長いフライトで疲れたので、今日は早めに休むことにします。