兵庫県ミント神戸にあるサンマルクHD(片山直之社長)のグループ企業函館市場に行ってきました。

回転寿司の函館市場は、北海道の起業家と思っていたら、岡山の企業でした。 社長ブログ神戸/ミント神戸/グルメ感想/片山直之

ミント神戸にある、手握り回転寿司の函館市場で昼食を頂きました。

ミント神戸の函館市場は、サンマルクホールディングス片山直之さんが経営されています。

函館市場に前回行ったのは、2005年10月、西宮の鳴尾浜に岩盤浴へ行った時以来です。

函館市場は、片山直之さんが経営する株式会社サンマルクホールディングスのグループ企業の一つです。

親会社のサンマルクホールディングスは、岡山市北区平田173番地にあります。

代表者は片山直之代表取締役です。

片山直之さんは日本の実業家としてWikipediaにも掲載されています。

親会社のサンマルクは、本業はパンを製造する企業ですが、事業を広げて、回転寿司に進出しています。

奧さんと二人で頂くので、場所は回転寿司がぐるぐる回ってくる、カウンターに座りました。

ここだと、すぐお寿司に手が届きます。

回転寿司の上手な使い方は、ぐるぐる回るお皿を選ぶより、メニューを見て、その都度握って貰う方が新鮮なお寿司を頂ける事になります。

しじみの赤だしを、二人とも注文しましたが、これは失敗です。

二人で一椀でよかったくらいです。

お昼時なので、周りの皆さんは、早く選んで、早く頂いて、早く勘定を済ませたい人達がいっぱいでした。

つまり、ビールやお酒を注文している人は、ほとんどいません。

皆さん、にぎり寿司が中心です。

手にぎりとわざわざ断っているのは、機械で握っているのではないと言う事です。

ビールの代わりにお茶を頂くわけですが、座席の前の、熱湯が出る、水道のような取り組み口の蛇口からは、ほんのわずか、ちょろちょろとしかお湯が出ていません。

湯飲み茶碗に一杯にするには、かなりの時間、かなり力強く押し続けないといけません。

お湯を押し続けている内に、目の前のベルトコンベアには、ちょっと手を出したくなるようなお寿司が通過していますが、手を出すとお湯が止まるので、お寿司は見送ってしまいました。

回転寿司は安いと思って、遠慮無く食べていると、お会計の時には値段の高さに驚く事があります。

孫のU君と一緒に回転寿司に行くと、お皿の色別に分けるのが大好きで、あと一歩算数が進むと、一皿いくらで、合計すると何円になるという、合計金額の計算も出来そうです。

お昼の時間だったのか、あまり高価なネタが流れてきていませんでした。

避けたわけではないのですが、結果としては、廉価なものばかりを選んだことになり、お会計も大した金額にはなりませんでした。