樹を植えるのは100年の計です。東山寺も紅葉を植えるのに、今日より早い日はありません。

淡路市津名の奥座敷、東山寺のお寺の鐘をならすと、山里に響き渡っています。 淡路田舎ツアー(3) 社長ブログ淡路/東山寺

津名の奥座敷、東山寺に行く途中で、こんなところに、こんな時期に、桜の花が咲いています。

なんじゃこりゃ!?という感じで車を停めて、時ならぬ花見です。

東山寺に向かう途中の分岐した道は、車一台が通れるほどの狭い道です。

対向車が来れば、どちらかがバックするしかありません。

バックしないですみますようにと心の中に念じながら、左右の田んぼに脱輪しないように、慎重にゆっくりと車を進めています。

一度東山寺にお詣りした事があるので、覚えていても良さそうなものですが、

初めてくるような感じで、前の事はあまり記憶に残っていません。

念じる気持ちが通じたのか、途中対向車がありませんでした。

東山寺の山門を見ると、そうやここなら知っていると、これまで忘れていた記憶がずっと蘇ってきました。

モミジは確かに紅葉しています。

京都の有名なお寺のように、幾重にも重なるほどのモミジの木はありません。

真言宗のお寺です。

しばらくお休みしている四国八十八ヶ所巡りと同じように、御大師さんのお寺です。

あの鐘を鳴らすのはあなたという歌があります。

奧さんはそれを思い出したのか、鐘楼の鐘を打ちたいと自ら進んで鐘つき堂に進んでいきます。

とても静かな谷間のような山の中に、奧さんが打つ、お寺の鐘の音が響き渡ります。

もしこれが山のお猿さんの食事の合図の鐘なら、お猿さんはエサをねだりにやってくるはずです。

本堂でお詣りをします。

今、特別御大師さんにお願いするような困った案件はありませんが、

困ったときだけお願いするのでは申し訳ないので、何もないときにも、ありがとうございます。と、感謝の気持ちで手を合わせました。

今年の秋は暖かで、まだモミジは燃えるような紅葉にはなっていません。

今日の東山寺は、参拝する人の姿は誰もいません。静かなものです。

木を植えるのは、100年の計と言われます。木が育つのが長くかかるからです。

東山寺がモミジで有名になるには、モミジの木を境内に沢山植えて、100年とは言わないまでも、何十年か待てば、もっともっとモミジで有名なお寺になりそうです。

今でも東山寺には、もみじ狩りのポスターが出来ています。

さらに充実させるためには、今のうちからモミジの木を沢山植えることです。

何しろモミジを植えるのに、今日より早い日はないのです。

東山寺の参拝が終わって来た道を戻っていると、畑の大根が畝からせり上がるほど上に伸びて、大根の大豊作が伝わって来ます。

この辺りの田んぼでは、お米を天日干ししています。

こんなに無防備な天日干しをしていると、

ホタルカフェで聞いたお猿さんや猪、鹿、鳥などが、夜にお米を狙って来ないのか心配です。

田舎ツアーは、気持ちが安らぎます。

町中で過密な状態で受けたストレスを忘れさせてくれます。

2015年11月19日(木)