雨の日のお墓参りは、山の斜面が滑りそうで危険です。

お墓参りの道中食は、道の駅たけはらの牡蠣飯と、あなご丼、福山インターの尾道ラーメンです。 広島(3)

道の駅たけはらを出て、しばらく雨の中を、お墓参りに向かって、ドライブをしています。

途中の川沿いの山は、山頂部分には、霧がかかって、道路にも霧が降りてきています。

視界が悪いので、ゆっくり走ります。

途中、車を停めて、朝食と昼食の間のような、中間食をいただきます。

道の駅たけはらで買ってきた、かき弁当です。こんなに沢山牡蠣が入って、ほかほかで、美味しいカキ弁当が、350円です。

道の駅たけはらが近ければ、しょっちゅう買い物に行きたいところです。

お刺身を買いました。これは、開けて見ると、竹原産ではなくて、鹿児島産のお刺身です。

車を停めたところは、神社の脇の広場のような所で、狭いスペースでしたが、他の車も駐車していて、営業の車なら、ここで一服しているのかなぁ?と、推測します。

少しずつ、お天気が回復してきました。お墓は、昔は田んぼや畑として、農業のために、利用価値のない山の斜面などに、建てるのが、普通でした。

そのため、雨が降ると、山の斜面は濡れて、落ち葉もあると、落ち葉に滑って、足を取られるので、年寄りには危険でした。

今は、竹藪になってしまい、こちらからは、山の斜面のお墓は見えません。

松葉博雄の両親、松葉登美子母と、松葉章一父は、80歳、90歳まで、自力でこの斜面を登って、お墓参りをしていました。今思えば、その元気さに感心します。

お墓参りが終わると、神戸に戻ります。途中、福山で昼食です。

福山では、尾道ラーメンを一つ注文し、奥さんと二人で、分け合って食べました。

道の駅たけはらで買った、あなご弁当があったので、ラーメンは一つだけにして、正解でした。

尾道ラーメンは、一時、ラーメンブームがあったときは、30分も、60分も並んで、やっといただける時代がありました。

マッサンと同じで、とにかく、ブームが起きると、猫も杓子も、同じ事をしたがります。

このような傾向を、ミーハーと呼んでいます。

ミーハーにならないように、識別眼を持ちたいものです。

といっても、ブームなので、誰かが良いと言えば、追随したくなるのも、無理もありません。それで、日本中が苦しんだのが、二十年以上前のバブル景気と、その後のバブル崩壊でした。

2015年3月19日(木)