海鮮食堂魚増 洲本市の市役所の近く 淡路島美食物語のお店 で魚増定食を頂きました。

海鮮食堂魚増 洲本市役所近くの海鮮食堂魚増は、ご飯がなくなり次第終了します。社長ブログ/神戸の社長/社長の生活/淡路ブログ

海鮮食堂魚増 

淡路島には淡路市、洲本市、南あわじ市の3つの市があります。

ところで、美味しいお店はどこにあるのでしょう。

多分、人口が多く、美味しいものに対して、お金を払ってくれる人が多い地域です。

今日は淡路島の中心地、洲本市に来て、美味しいお店を探してみました。

インターネットや、観光ガイドを見て見つけたのが、魚屋さんが経営しているお店、魚増です

魚増は、洲本市の市役所の近くにありました。

予想通り、美味しいお店を支えているのは、洲本市の市役所に関わっている人達のようです。

魚増は、午前中と午後1時半までで閉店です。

更に、ご飯がなくなると、注文はストップになります。

お昼頃に入ると満席だったので、手板に氏名と人数を書いて、順番を待ちます。

入り口の周りには、持ち帰り用のお土産を販売していました。

由良海苔が550円です。

向かいに坪内壷山園という、茶道具を商うお店がありました。

外から覗いて、興味が湧いたので、魚増の食事の後、坪内壷山園に寄ってみることにします。

魚増は、お料理を出す店と、持ち帰り用の魚を販売する魚屋さんが隣同士に並んでいます。

壁に掛かっている営業時間を見れば、どうしてこんなに短い営業なのか、奥さんから質問がありました。

松葉博雄が経営しているわけではないので、推測すればきっと、パート、従業員の都合が、2時でおしまいにすれば、近隣の主婦の方が、働きやすいのではないかと思います。

魚増の一番人気のメニューは、魚増定食です。

注文して、しばらくすると、ご立派な魚増定食(1600円)が運ばれてきました。

お刺身も沢山あります。そして、蛸の天麩羅が、名物のようです。

蛸の天麩羅には、レモンの汁をしぼって掛けます。食べてみると、歯ごたえのある美味しい蛸の天麩羅でした。

ただし、天麩羅に使ってる油は、やや疲れたような油でした。

油が新しくて、新鮮な場合は、天麩羅を食べても、胸焼けがしません。

継ぎ足しながら使ってる油だと、食べた後から胸焼けが起きます。

奥さんは、穴子どんぶり(1000円)を注文しています。

穴子どんぶりは、ご飯に焼き穴子を乗せて、タレを掛けているだけの、シンプルな料理です。

これなら、あまり熟年度は必要ないように思います。

もう一つ注文したのは、蛸の入ったコロッケです。

蛸コロッケは、揚げたてで、熱々の状態で、運ばれてきました。

周りを見回してみると、半分以上は観光客のようです。

洲本市に関係する人達の、制服姿も沢山見受けられました。

淡路島 海鮮料理関連記事 アーカイブ

2015年2月19日(木)