この木なんの木気になる木、と似た大きな木が、栗林公園の芝生広場にありました。

この木なんの木気になる木と、さんプラザコンタクトレンズの登録商標は、よく似ています。  高松ツアー(3)

屋島が見えるホテルの窓から、明るい日差しが差し込んできて、良く晴れ渡った、高松2日目の朝です。食事の予約は取っていないので、JRホテルクレメント高松を出て、近くのうどん屋さんを探して、讃岐うどんを頂く予定です。

駅の周りに、うどんの川福のお店を見つけましたが、お店が開くのは、まだのようです。うどんの川福は、有限会社川福本店川福食品株式会社で、代表取締役は竹川いつ子さんです。

うどんの川福で、讃岐うどんを頂くように期待していたのですが、まだ早すぎて、結局朝ご飯は高松駅構内にある、連絡船うどん店です。

立ち食いうどんのお店ですが、外にはテーブルもあります。

この連絡船うどんは、変わったお店です。JR高松駅のホームから入るお客様と、松葉博雄のように、ホームの外から、お店に入る二つの入り口があります。ちゃんと仕切りがあって、ホームの中と外は出入りが出来ないようになっています。

松葉博雄と奥さんは、二人とも肉うどんを選びました。

やや熱さが足りないうどん汁でした。カウンターの高さが中途半端で、腰をかがめて、背を低くして食べないと、カウンターのうどんは食べられません。持って食べると、高さは調節できますが、うどんのおつゆがこぼれそうになってきます。

朝ご飯を、立ち食いうどんですませて、もう一度JRホテルクレメント高松に戻り、JRホテルクレメント高松が用意してくれている、四國新聞を読んでいます。

このあと、栗林公園でお花見です。

国の特別名勝に指定されている文化財庭園の中で、最大の広さを持つ栗林公園は、緑深い紫雲山を背景に、六つの池と十三の築山を巧みに配し、四百年近い歴史を誇る、江戸初期の回遊式大名庭園として、すぐれた地割り、石組みを有し、木石の雅趣に富んでます。

春夏秋冬と四季折々の風物にも恵まれ、ここに咲く花々は、一千本もの見事な手入れ松とともに、一歩一景といわれる変化に富んだ美しさを醸しだします。

長い年月をかけ、多くの人達によって受け継がれてきた栗林公園は、かけがえのない文化遺産です。(栗林公園パンフレットより)

栗林公園はとても広い公園です。総面積は、約75ヘクタール、およそ23万坪です。

栗林公園のホームページによると、日本に関する旅行ガイド「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」では「わざわざ旅行する価値がある」を意味する三つ星に格付けされるなど、日本を代表する大名庭園として国内外から高い評価を得ており、その美しい姿が引き継がれ、守られています。

栗林公園に入るには、駐車場で随分苦労しました。なにしろ花見の時期は、車で来ている人が多く、栗林公園の周りの駐車場は、どこもいっぱいでした。

なんとか駐車場を見つけ、これから桜の下でお弁当を頂くことになります。今日のお弁当は、高松市百間町の、料亭二蝶(代表取締役 山本 亘さん)で買ってきたお花見弁当です。

二蝶は、高松では有名な料亭です。今回は予約は取れてませんが、そのうち料亭二蝶で会食をしたいと思います。

栗林公園に、芝生の広場があって、芝生の広場の周辺には、桜が満開に咲いています。ここがお花見に絶好の場所のようで、ここで桜の花を見ながら、お弁当を頂くことにします。

U君は幼稚園に行っていて、お花見には参加していません。U君の妹のMちゃんは、お母さんと一緒に来ています。

芝生の真ん中には、大きな楠木が枝を広げて、まるで我が社の登録商標の木のマークのようです。

こちらが、我が社の登録商標されているロゴです。

さんプラザコンタクトレンズの登録商標の意味は、地元に根を張り、太陽のエネルギーを頂くように、お客様からのエネルギーを頂いて、枝葉を広げ、地元に貢献できるように、という意味の登録商標です。

2014年4月3日(木)