姫路市大津区天神町の、「活魚料理 寿司 つつみ」で、梅見の前の食事です。

姫路市大津区天神町の、「活魚料理 寿司 つつみ」で、感動のお刺身定食800円を頂きました。 綾部梅林(1)

御津町の綾部山梅林は、ひとめ二万本と言われるほどの、梅の名所です。前回から、4年も経過しているので、今日の日帰りツアーは、播州瀬戸内海国立公園の、綾部山梅林の梅見に行くことにします。

家を出るのがお昼に近かったので、綾部山に近付く手前の、兵庫県姫路市大津区天神町2丁目31-1 の、「活魚料理 寿司 つつみ」で、お昼ご飯を頂くことにします。

国道沿いで目に付いたのは、「活魚料理 寿司 つつみ」です。「活魚料理 寿司 つつみ」に寄ってお昼ご飯をいただきます。

お店を選ぶ要因となったのは、駐車場が広くて入りやすい。お店の構えが老舗風で安心感があったことです。

車を停めてお店の入り口に近付くと、つつみでは、「お昼の定食を始めました」という案内がありました。

活け魚料理で、お寿司の専門店です。お店に入ると、大きな水槽があり、水槽の底には、トラフグが不安そうに、じっと入店者を見ています。

トラフグにとってみると、誰かが入ってくると、注文によっては自分が水槽から網で引き出され、調理されることになるのですから、不安になるのも当然です。

お店のつくりを見ると、厨房があって、その前はカウンター席です。カウンター席の後ろには、掘りごたつ形式になったテーブル席が2席ありました。どちらに座ろうか?奥さんと二人なので、テーブル席は沢山の人が座れるように、遠慮して、カウンター席に座りました。

女将さんに注文を尋ねられて、松葉博雄は、お昼の刺身定食にしました。入り口に貼ってあった、あの800円の定食です。

刺身定食が運ばれると、予想以上の大きなお膳で、お膳の上には、お刺身と、野菜の煮物、茶碗蒸し、ご飯、ハマグリの赤出汁、黒豆、漬け物が、並んでいます。

お椀の蓋をとってみると、立派なハマグリです。これは、800円とは思えない、すばらしいお昼の定食に出会ったようです。

奥さんは、刺身定食ではなくて 、魚のムニエルで、1000円の定食です。

刺身定食の方が、結果的には当たりでした。三宮の繁華街だと、刺身定食とは名ばかりで、ほんの数きれのお刺身が出るだけですが、ここ、つつみでは、マグロの赤身、ハマチ、海老、鯛、サーモン、貝柱などが、ぎっしりと詰まっています。これは感動のお刺身定食になりそうです。

松葉博雄と奥さんが入店した後は、次から次へとお客様が続いていました。何だか、松葉博雄がお客様を呼び込んできたようで、女将さんも嬉しそうです。

定食を頂いた後は、フルーツデザートと、コーヒーのサービスがあります。これだけ頂いて、800円とは、驚きの刺身定食です。奥さんと顔を見合わせて、安いなぁと、つい言葉が出ました。何しろ、コーヒーとデザートだけでも500円、茶碗蒸しだけでも300円~500円、ハマグリの赤出汁なら、200円はします。

こうして、1品ずつを800円から引いていけば、お刺身は無料サービスになるような値段です。

女将さんに、随分とお安い値段で、沢山のお皿があるのですねと、つい感動の言葉を述べると、笑顔で「これで頑張っています」という返事でした。また来てみたい店ですが、神戸からは少し距離があるのが残念です。

2014年3月6日(木)