渡部敏信さんから、玄界灘で釣った鯛の味噌漬けを、小倉勉強会のお土産に頂きました。

「いつまでも あると思うな 親と松茸」今年最後の国産松茸です。夕食は、鯛の味噌漬けと、松茸ご飯、松茸のお汁が並びました。 北九州市小倉へ出張(9)

社長、つまり経営責任者の任務は、1.経営理念を定め、2.経営戦略を策定し、3.日常の意志決定を繰り返す、これが一般的な経営責任者の任務ですが、その他に、来客者・訪問者、取引先、社内スタッフなどとの面談やミーティングがあります。

ある研究では、経営責任者の毎日の行動を記録していくと、時間の7~8割は、打ち合わせとか、面談に費やされているそうです。

松葉博雄の場合は、これに研究活動も入ります。今回、小倉に来て、同業者の有志と、勉強会や交流会をしたのも、経営者の時間の配分としては、人と会って話すこと、人とコミュニケーションをとること、そして、経営を経営学の視点から見つめてみるという、研究活動も入っています。

今日は小倉に来て3日目です。朝起きると、お天気はやや曇りで、外気は寒そうです。

4階の朝食会場に行って、昨日と同じように、和食バイキングを頂きます。今朝は、やや遅く朝食をとっています。周りの席には、外国人の方が沢山見られます。

欧米の方は、見ただけで外国の方であると分かりますが、アジアの近隣の方は、その方の会話から「あ、この方は中国の方だ」とか「あ、この方は韓国の方だ」とか、声を聞いて初めて、外国の方であることが分かりました。

北九州市に来てみると、韓国と、中国、台湾が、すぐ近くに位置しているので、ポスターを見ても、中国、韓国、台湾に向けて作ったポスターであることが分かります。

朝食を済ませて、チェックアウトになります。今回のリーガロイヤルホテルは、宿泊と会議場のセットにしてもらったので、宿泊料をかなりディスカウントしてくれていました。

小倉から新神戸まで、わずか2時間です。会社に戻り、溜まった仕事に目を通し、夜になると帰宅します。

小倉で地元の参加者の会長さんが、参加者の皆さんに、お土産として用意してくれていたものは、わざわざ、玄界灘に船で出て鯛を釣り、釣った鯛を調理人にお願いして、味噌漬けに加工した、鯛の味噌漬けです。

松葉博雄も、鯛の味噌漬けを作ってみたくなりました。ネットで調べると、コープクッキングにありました。

沢山の参加者に、一人一人に、鯛の味噌漬けを用意したのですから、渡部敏信さんには、心遣いに感謝です。お話では、一回の釣りでは済まなくて、何度も海に釣りに出かけ、沢山の鯛を集めたそうです。

鯛の味噌漬けは、焼いて頂きました。とっても美味しい鯛の味噌漬けでした。鯛の味噌漬けと一緒に頂いたのは、先日岡山県津山市の彩菜茶屋で購入してきた、岡山産の松茸です。

もうこれが、今年最後の松茸になりそうです。傘の開いた、大きな松茸です。この松茸を使って、松茸ご飯と、松茸のお汁を、奥さんが作ってくれました。

食卓には、岡山県の美作の松茸と、北九州市の玄界灘の鯛の味噌漬けが、並んでいます。料理は、海のものと、山のものを組み合わせると、良いと言われています。まさに、ぴったりの組み合わせです。

松茸を食べるときには、沢山買ったのだからまだあるだろうと思って、奥さんに、『あの松茸、次は茶碗蒸しにしたらいいなぁ』と言うと、もう松茸は全部使いました。と、言われました。

沢山の松茸と思っても、値段だけで、量はわずかなものでした。ここで教訓です。

「いつまでも、あると思うな、親と松茸」という教訓が出来ました。これを聞きつけた孫のU君は、オウムのように、「いつまでも、あると思うな、親と松茸」と、マネして言ったのには、驚くやらおかしいやらで、大笑いになりました。

百貨店の食料品売り場では、8月頃から外国産の松茸が並び、そのうち国産松茸も、少量ながら、高価格ながら並び、いつのまにか11月まで続き、いよいよこれが今年最後の松茸になりました。

「いつまでも、あると思うな、親と松茸」とは、よく言ったものです。

2013年11月20日(水)