東広島市は、吟醸酒のふる里ですが、街中には、高層マンションが目立ちます。

割烹ホテル一ぷくは、インターネットのじゃらんで探して、予約しました。 広島ツアー(5)

今夜の宿は、割烹ホテル「一ぷく」です。一ぷくは創業昭和30年、日本庭園が自慢の割烹ホテルです。創業当時は「一婦゚久」と書いていたそうです。

ふっくら肉付きの良い、信楽焼の狸風の置物に迎えられて、宿に入ります。

一ぷくが、今夜の宿になったのは、インターネットで検索して、辿り着きました。お墓参りに行くとき、余録として、天然温泉とか、お料理の美味しい宿があれば、お墓参りも一層楽しくなります。

一ぷくに期待しているのは、日本料理の割烹旅館です。

一ぷくの旅館部分は、鉄筋コンクリート造りで、造りはビジネスホテル風でした。鍵を受け取り、旅の荷物をいったん下ろして、一段落です。

東広島市の街中の立地なので、窓から見渡すと、高層マンションや住宅が密集しています。

地方に来たなぁと感じるのは、その土地の地方紙を見たときです。東広島市であれば、中国新聞が部屋に届けられました。トップニュースは全国ニュースですが、新聞をめくって地方版を見れば、東広島のことが書いてあります。

残念ながら、天然温泉付きの宿ではありません。お風呂に入って、ビールを飲んで、しばらくすると、18時です。18時になると、夕食のため、食事処の一ぷくに来ました。

庭の端に点々と、鬼瓦に着色を施したようなオブジェが置いてあります。この辺の伝統工芸品という訳でもなさそうですが、果たしてこれは何でしょうか?

広島といえば、広島カープで、カープと言えば、鯉のことで、広島は鯉の養殖が盛んなところです。一ぷくの小さい池にも、鯉は泳いでいますが、目をひくような鯉ではなさそうです。

広島の鯉は、太田川の鯉のようで、新潟県小千谷のような錦鯉ではありません。一ぷくの一階の食堂には、予約客が誰も居ないので、部屋から浴衣着で来てもいいと、内諾がありました。そこで、ホテルでは一般にはルール違反ですが、女将さんの取り計らいで、浴衣着で夕食をいただきます。

2013年9月18日(水)