9月になれば、台風シーズンと行楽シーズンです。

淡路島の北淡地区には、枇杷、いちじく、ぶどうの農園が広がっています。今日は、いちじく狩りです。 金崎農園でイチジク狩り(1)

9月になると、台風のシーズンです。台風18号が近づいてきています。台風が近づくと、当然お天気は崩れ、お天気が崩れると、コンタクトレンズのお客様も少なくなってきます。

朝、今日も沢山の朝顔が咲いています。この朝顔も、台風が来れば、ふっとんでしまうかもしれません。毎日、数え切れないほどの花を、見せてくれています。

今日は、淡路島にイチジク狩りに行きます。昨年も淡路島でイチジクを求めて、イチジク園に行きました。

イチジクの事を気にしていると、イチジクの情報が入ってきます。やはり、好きこそものの上手なりというように、イチジクが好きだと、どこのイチジクが美味しいか気になり、情報を求めて、そして目指す情報に頼り着くことがあります。

今回の情報源は、道の駅に出品している、イチジク農家が作ったイチジクを偶然見つけ、生産者の名前を頼りに電話番号を探し、そしてとうとう生産者に連絡がとれました。

お昼を過ぎて神戸を出発です。明石海峡大橋を渡り、淡路サービスエリアでかなり遅れた昼食になりました。

14・15・16の3連休で、淡路サービスエリアの駐車スペースは車でいっぱいです。レストランに行ってみて、長蛇の列で、これでは海を見ながらゆったりとした気分で、昼食をするのは無理のようです。

そこで、自動販売機を食券を売ってるような、フードコートで食事をすることにしました。ここでも席をとるのも順番待ちのような大変な混雑です。

松葉博雄と奧さんは、ラーメンと肉うどんにしました。これだけ食べても、サービスエリアだとかなり割高です。家族連れで、ドライブに来てる人の中には、ちゃんとお弁当を作って持ってきて、サービスエリアの席を利用して食べている、リーズナブルな家族もいました。

なぜ、サービスエリアで食事をすると高いのでしょうか? それは、競争のない、独占状態だからです。 このような競争のない状態の事を、経営学ではブルーオーシャン戦略といいます。

それでは、独占状態になって得られる余剰利益は、誰のものになるのでしょうか? 当然、サービスエリアの運営者である、国土交通省の管轄の団体です。

でも、その団体の職員の方は、お給料をもらって、買い物や消費活動をすれば、それはまた、コンタクトレンズに回ってくるかもしれません。そう思って納得します。

淡路縦貫道路の北淡で地道にでます。ここで今日のイチジク狩りの農園、金崎農園に電話して、道案内をお願いしました。

軽トラックで迎えに来てくれたのは、金崎農園の代表 金崎真治さんです。

金崎真治さんの軽トラックについて、金崎農園に着きました。

イチジク農園は、空からの鳥の害を避けるために、イチジク農園全面にネットを張っていました。

昨年来た、柏木いちじく園のすぐ近くでした。この辺りは、いちじく農園が広がっています。今日の連休の日はバスで来て、いちじく食べ放題の観光企画までされていました。注意したいのは、実は、いちじくは相当糖分があり、たくさん食べ過ぎると、血糖値があがるのです。

2013年9月14日(土)