智頭宿では、割烹旅館 林で、お昼のおまかせ昼食です。

智頭宿で、にわか雨と、デジタルカメラの電池切れで、散策は急遽取りやめです。 鳥取県智頭町日帰りツアー(4)

智頭宿を探し求めて、何とか「割烹旅館 林 新館」へ着きました。

昭和10年創業で76年の歴史があります。現在は平成9年に完成した建物で、智頭杉を用いた数寄屋造りとなっています。

宿場町に来たのだから、宿場のご飯を食べたいなぁと、出来たら千代川の鮎を食べたいなぁと、願いを込めて、割烹旅館 林のお店に入りました。

看板の林の左隣にある図形は、サンショウウオなのか、ナマズなのか、魚のようですが、最初見たときは、文字に見えて、この文字は何と読んだらいいのか、しばし迷ってしまいました。

玄関のたたきには、蓮が鉢に植えられています。お店の扉を開けて、「ごめん下さい」と声をかけ、出てきたご主人に、お食事をお願いしたところ、あいにく、これから貸切の予約があるので、と、断られました。

そこで、引き下がったら、ここでお昼ご飯は食べられません。観光案内所で聞いてきたとか、神戸からわざわざやってきたとか、強く押してみました。

そうすると、座敷でなければ、お昼の用意をしましょうと、譲歩してくれました。割烹旅館の入り口とは違う、芳隆庵の入り口から入るように、案内されました。

お昼には、メニューは無いので、おまかせになりますが、いいですか?と、念を押され、結構ですと答えると、お昼のおまかせコースが成立です。

最初に出たのは、かぼちゃのスープで、昆布だしです。魚の南蛮酢は、ハタハタを使っています。鳥取でハタハタが獲れるそうです。ハタハタといえば、秋田の県魚ですが、鳥取から秋田へ送ることもあるそうです。

お刺身は、アオリイカと、アカニシです。

何と、ノドクロが出るそうです。これは、予想外の豪華なお昼のおまかせになりました。

お肉も付くそうです。沖縄の三枚肉に似たような、柔らかく煮込んだ智頭の牛の、脛肉を使った、煮込みでした。

この後、野菜のてんぷらです。これから来られる予約客の準備をしながら、こちらの席に、料理を配膳し、また調理場に戻っては、予約客の料理を作る、忙しそうな様子でした。

智頭宿について、少し話を聞きました。昔の大名行列が、地元から江戸まで、大人数で行列を組んでいけば、途方もないほど旅費がかかります。そこで、大名の勘定係が考えた手は、地元から智頭宿に入るときだけ供揃えを増やし、出ていくときはまた人数を減らし、実質は20名位で道中を進んでいたそうです。

なるほど、それなら分かります。宿場にも口入屋があり、供揃えを臨時に用意して、だれも見ていないときは、人員削減をして、ギリギリの揃いで行列を作っていたようです。

割烹旅館 林のお昼のおまかせ料理は、大変満足でした。お値段も、1人前2500円程度でした。

お庭には、ここでも水が流れていて、小さな池があり、中を覗くと水草があり、金魚のような魚が泳いでいます。ここで鮎を頂きたかったのですが、鮎は8月で終わってしまっています。旅館なので、宿泊も受け付けています。冬になると、日本海のカニを料理してくれるそうです。機会があれば来てみたいです。

これから智頭宿の散策をするつもりでしたが、思わぬアクシデントがありました。1つはにわか雨です。しかも、かなり強い雨です。もう1つは、デジタルカメラの電池切れです。この2つの理由で、散策は取りやめです。駐車場のおじさんから焼き鯖寿司を買って、神戸に戻ります。

2013年9月12日(木)