神戸の元町地区には、中華料理店が沢山あります。四季旬菜「江南春」で、ランチです。

神戸の中華料理店は、ルーツをたどると、同じお店から、分家、暖簾分け、独立などで、根が一つのお店が多くあります。

神戸地方は、今年の梅雨明けは早く、7月8日(月)には、梅雨明けして、いきなり猛暑日に突入です。お昼のランチは炎天下を歩いて、うなぎを食べようと思い、うなぎのお店の前に行くと既に行列です。

うなぎを諦めて、次に、神戸サウナの南側にある、四季旬菜「江南春」創作中華料理のお店に行きました。外観はおしゃれな喫茶店に見えますが、中華料理店です。

神戸南京町にある水餃子の名店『上海餃子』の姉妹店です。お店に入ると、クーラーが効いて、炎天下の道路から、オアシスに来た感じです。

四季旬菜「江南春」のランチセットは、主菜を6つの中から1品選び、ライス・スープ・サラダ・小菜・デザートが付いてきます。

お店にはお客様が少なく、行列が出来るお店ではありませんが、落ち着いた雰囲気で、ゆっくりとランチをいただくには、最適です。注文は、主菜を酢豚にしました。

酢豚の他に、スープ、豆腐、サラダ、デザートがあり、これで850円とは安いと思います。

奥さんが選んだのは、麻婆豆腐が主菜のセットです。

もちろん、同じメニューより、複数のメニューで、分け分けして食べた方が、多くの味を味わえるからです。お行儀の悪い食べ方ですが、奥さんの麻婆豆腐を、松葉博雄のご飯の上にかけてもらいました。

デザートは杏仁豆腐でした。 お昼のランチには、もう一つ上のランクのメニューがありました。主菜三品を選んで、2500円です。

神戸には、中華料理店が沢山あります。どこの中華料理店も、ほとんど家族経営です。中には、兄弟間で暖簾分けした店や、分家した店もあります。そんなお店は、味が似ている場合があります。

次回、四季旬菜「江南春」には、ビールを飲める時間に来て、ゆっくり、中華料理を食べたいと思いました。

2013年7月7日(日)