まいどおおきに食堂から、食堂のカレーと、コナコーヒーが株主優待で届きました。

まいどおおきに食堂とは、フジオフードシステムの事です。まいどおおきに食堂の株主優待

まいどおおきに食堂の看板をドライブ中に目にする事がよくあります。まいどおおきに食堂の看板の字体は、墨で書いたような大きな文字で、読みやすい字体です。

あちらこちらに、まいどおおきに食堂があります。まいどおおきに食堂が株式を公開しているなんて、思ってもいませんでした。

松葉博雄の奥さんは、まいどおおきに食堂の株を買うと、株主優待が手厚い事を知り、まいどおおきに食堂の株主になりました。

そうすると、確かに株主に手厚いようで、まいどおおきに食堂のカレーと、ハワイのコナ・コーヒーを株主還元に送ってくれました。

主婦は、こういう事をされると弱いのです。もう、まいどおおきに食堂の株式を売れなくなりました。

届いた箱を開けてみると、コーヒーは、コナコーヒー100%の袋200g入り(3,900円)と、缶100g入り(2,000円)の2つが入っていました。

はじめ、まいどおおきに食堂は、普通の一杯飯屋さんだと思っていました。お店に入ると、創業当時の写真が飾ってあり、普通のどこにでもある食堂が、どんどん成長していった事を知りました。

幼い頃の藤尾政弘社長が、お父さんに抱かれている時の写真が飾られている、この食堂が、フジオフードシステムの原点のようです。

コナコーヒーは、ハワイ本社にて、農場と直接取引をして、自社の焙煎工場で加工したようです。なんと、ホワイトハウスの公式晩餐会でも、必ず使用される格調高いコーヒーだそうです。

味は、甘酸っぱく、かすかな果実味と、豊かな香り、すっきりとした味わいが特徴だそうです。

まいどおおきに食堂は、フジオフードシステムの事です。そのフジオは、藤尾政弘社長の名前です。

こんなに沢山、株主優待の食品を頂くと、単純に、フジオフードシステムは良い会社だと思い込みます。

リーフレットを見ていると、ちょっとこれ、どこかで見たようなコーヒーの商標を思い出します。その名も、スターバックスです。

スターバックスの株式を購入すると、スターバックスでのドリンク券をもらえます。コーヒー豆までは頂けません。ドリンク券がいいか、コーヒー豆がいいか、どちらが嬉しいでしょうか?

2013年5月29日(水)