鯉のぼりとバーベキュー:甍(いらか)の波と雲の波

鯉のぼりとバーベキュー:重なる波の中空(なかぞら)を 淡路(2)

鯉のぼりとバーベキュー:橘(たちばな)かおる朝風に、高く泳ぐや、鯉のぼり。

野外で炭火を起こして、魚介類を中心とした炭火焼きのバーベキューの始まりです。松葉博雄は家庭サービスのホスト役です。特に、孫のリッキー君が喜ぶように、野外で食事をします。

リッキー君のために、鯉のぼりを立てています。 空を泳ぐこいのぼりを見ると、今年も子どもの日がやってきたなぁと実感します。

炭火が強くなるまで、とりあえず筍の皮付きを焼いてみます。なかなか火が通りそうもないので、時間がかかりそうです。

今日のお天気は、複雑な山のお天気のようです。日が差すと暑くなり、上着を脱ぎたくなります。

ところが、影になり、雨が降るのかと心配になるような厚い雲も出て来ました。鯉のぼりは風が止まると垂れ下がり、風が吹くと泳いでいます。

セレモニーとしては、まずは母親役に感謝をする、カーネーションの花束をテーブルの真ん中に置き、お母さんに感謝です。

リッキー君は、普段と違う親たちの行動で、すっかり嬉しくなっています。

マルナカで買ってきた魚介を水洗いして、塩分を落とし、トレイに並べてみました。アワビが目を引きます。獲れたてのアワビです。

タチウオは、銀紙に包んで焼くことにします。白身の魚なので、リッキー君が喜びそうです。

料理屋さんやレストランで、アワビを一個丸ごと注文すると、相当な値段がします。しかし、魚屋さんでアワビを買えば、そんな高くはありません。しかし、街の魚屋さんでは、アワビを生かして売っている店もそんなに沢山はありません。

玉ねぎと、女性の好きな鳴門金時は、アルミホイルで包んで、蒸し焼きです。これが、南太平洋の島なら、バナナの葉に包んで、蒸し焼きにするところです。

美味しそうだと思う反面、焼き殺しをしているのかと思うと、残酷なものです。下から炭火の熱い炎がホタテ、サザエ、アワビの殻を焼いています。しばらくすると、ホタテの蓋が開いてきました。

味付けは、醤油をほんの少し垂らすだけです。炭火に醤油が煮立ってくる匂いがして、ビールを持つ手が、匂いに反応して堪りません。

リッキー君は、炭火の側に寄ると、炭火が時々破裂するように飛び散るので、少し怖くなったのか、近付きません。

2歳半にもなれば、おしゃべりも弾んできて、時々仕切りや指令の言葉が出ます。

野外で太陽の日に当たり、ゆっくりとしたペースでバーベキューは進んでいます。松葉博雄は炭火の強さの加減をして、魚介類の焼き方を心配して、時々ひっくり返して位置を変えて、まるで炉端焼きのおやじをしています。

2013年5月2日(火)