洲本城に登ってみます。兵庫県には沢山のお城の跡があります。

兵庫県のお城に登りました。淡路島(4)

志筑から洲本までは、国道28線を走ります。

洲本に向かって、左側は大阪湾の海です。

海岸線に沿って走っていると、景色が良いので、

ついよそ見をして対向車とぶつかりそうになります。

この景色、広島県の三原市から竹原市に行くときに、

JR呉線に沿って走る国道の景色とよく似ています。

景色に見とれると危ないので、

展望所に車をとめて、

ゆっくりとまわりの景色を見てみます。

今日は穏やかな波です。

洲本まで道は海沿いで、

道の端には高く育ったヤシの木が並木を作っています。

洲本市に入ると、

今日は洲本のお城に登ってみることにします。

洲本のお城は三熊山にあります。

天守閣の近くにまで車で上がります。

お城といえば石垣で、

春になれば桜が古城に似合いそうです。

駐車場に車を置いて、これから先は徒歩です。

お城に登る人影はほんのわずかです。

大手門を通り抜け、天守閣を目指して進みます。

今は冬なので、桜の木には葉もなければ花もありません。

それがあと2ヶ月もすれば、花見客で大賑わいになりそうです。

あちらこちらのお城に登ってみると、

その領地の石高により、

お城の縄張りが決まるように感じます。

もちろん、石高が高ければお城の縄張りも広くなり、

石垣も規模が大きくなります。

いよいよここから天守閣に登る階段です。

高いお城に登るには、昔の人は大変だったと思います。

特に足下が悪くなる雨の日や、泥濘の時は、

殿様も家来も、お女中方も、

泥を跳ね上げないように気をつけながら、

泥濘に足を取られて転けないように、

慣れた道でも細心の注意を払って登った事だと思います。

天守閣に近づくと、

桜の木の数が多いことに気が付きました。

これは花見の時には大賑わいになると予想します。

花見は、ここにしようかなと奥さんと相談がまとまりました。

2013年2月7日(木)