明日は腰痛かなぁ?六甲山牧場のこんな急斜面を上り下りして、きっと腰痛だ。

リッキー君を連れて六甲山牧場(2)

六甲山の牧場を上り下りして、明日は腰痛かなぁ? こんな急斜面を上り下りしたら、きっと明日は腰痛だ。

幼い足で山を登り、頂きに辿り着くのは、幼児には大変な事です。リッキー君はジィジとパパに着いて、丘の頂上に辿り着きました。

丘の上から見ると、先ほど見た羊や牛の小屋は、はるか下に見えます。

空も広がってきました。青いキャンパスに、刷毛で白いペンキをすーっと引っ張ったように、白い雲が薄く、淡く、細く、広がっています。

向こう側の山にも林を開拓して、草を植えた牧草地があります。牧草地は冬を前にして、すっかり草が枯れかかり、春の青々とした草原は その影もありません。

ここからおむすびを落とせば、下の山の裾まで転がりそうです。

おむすびなら諦める事が出来ても、リッキー君がこの坂を転がって麓までコロコロと、玉転がしのように転がっては大変です。ご用心、ご用心。

リッキー君は、バァバの携帯電話を返しません。携帯電話の写真機能を使って、六甲山の牧場を写そうとしています。

先ほど一匹だけしかいなかった羊が、いつの間にか5・6頭に増えています。そういえば、眠れない夜には、羊の姿を思い浮かべ、羊が1匹、羊が2匹、羊が3匹・・・と、100匹でも、1000匹でも、数え続けていると、眠れるといわれました。

ところが、眠れないときに羊を数えていると、何匹まで数えたのか分からなくなって、また1匹目から数え始めて、せっかく300匹まで数え進んでたのに、また分からなくなって、もう一度数え始め、とうとう腹が立って一晩中眠れなかったという笑い話もあります。

イギリスやヨーロッパに旅行すると、あちらでは山の傾斜が緩やかで、牧草地にすれば、羊でも牛でも飼育できます。

ところが日本の山は、なだらかな勾配は少なく、大抵急斜面で、牧草地には向きません。従って、六甲山牧場のように、羊が飼われているような緩やかな牧草地は、滅多にありません。

言わんこっちゃない、リッキー君は坂道を走って、スピードが付きすぎて転けてしまい、頭を道にぶつけてしまいました。これも急勾配のお陰です。しばらくは、リッキー君は大きな声を出して、泣き止みません。

リッキー君をあやしながら進んで来ると、チーズ館がありました。あそこにレストランがあれば、昼食にしようと思います。

今日の六甲山は大賑わいで、レストランも1時間待ちくらいの行列です。それなら昼食は別のところにします。

来た道を通って、また駐車場に向かいます。途中でポニーの散歩に出会いました。

このポニーも、かなり高齢のようです。

吊り橋を渡れば、もうすぐ駐車場です。駐車場に戻って、次は六甲山ホテルに向かいます。

幸いリッキー君は思いっきり泣き続けたので、そろそろ泣き疲れで、車に乗った頃はストンと眠りに落ちました。これなら、六甲山ホテルで食事するのに、騒がなくて好都合です。では、次の目的地に向かいます。

2012年11月4日(日)