味覚の好みは、幼い頃食べていた、お母さんの手料理からです。

味覚の好みは、幼い頃のお母さんのお料理からです。甘党になるか、辛党になるかは、同じ物を食べていた兄弟間でも差が出ます。U君の夏休み(2)

味覚の好みは、幼い頃のお母さんのお料理からです。幼い頃食べ慣れていた料理が、好物になります。

U君の夏休みは、神戸だけでは済みません。U君に会いたがってる家族の所に、泊まりがけで行ってきました。

そのとき戴いた、お土産の生の鮎です。炭火をたいて、鮎の塩焼きをしたいところですが、帰宅時間がやや遅かったので、炭火焼をしていると夕食に間に合いません。

綺麗な天然鮎ですが、ガス火で焼く事になりました。ドイツでは、魚屋さんに行って生魚を買う事があまりないので、U君は生の鮎を珍しがって、つかもうとしています。

鮎の体表には鱗は無いので、U君の指を刺す事はありません。U君は、鮎のぬめりで手が滑り、なかなか上手に鮎を掴むことが難しそうです。

鰻を掴むほど難しくはありませんが、U君にとっては、鮎を小さな手でつかむには、鮎がまるで逃げるように、手から滑り出ています。

一緒に戴いた生のサザエです。サザエもガス火で焼いて、戴きました。

U君の為に、あれやこれや食材がテーブルに溢れています。あれも食べさせてあげたい、これも食べて欲しいと、お皿が増えているのです。

鮎が焼き上がった頃、宅急便が届きました。受け取ってみると、沖縄の金城正浩さんから、恩納村の海ブドウとマンゴーです。

U君は、海ブドウに強い関心を持っています。「それなぁに?」と、欲しがっています。U君のお父さんとお母さんに海ブドウをあげて良いか尋ねて、あげてみました。

大人の味というか、しょっぱい味ですが、Uくんは海ブドウがすっかり気に入って、調味料を何も付けないで、海ブドウをそのままいくつも食べています。

U君は、いろんな物に興味が湧く頃で、「なんで?」と尋ねてきます。海ブドウを食べ過ぎてはダメですよと注意すると、「なんで?」と、不思議そうに尋ねて来ます。これを、ひとつひとつ説明するのは、大人としては大変です。

マンゴーも立派です。ドイツのスーパーマーケットに行くと、ヨーロッパ各地から、果物、野菜、魚、肉、などの食用品が沢山集っています。

それに対して、沖縄マンゴーは一個が2000円程度はする、高級果実です。沖縄マンゴーを食べたU君は、すっかり魅了され、もっともっと欲しがっています。

ドイツでなかなか手に入りにくい好物を覚えてしまうと、後が大変です。ドイツでまた食べたいとおねだりしても、マンゴーはあっても、さすがに海ブドウはないと思います。

子どもの頃、家で食べた食品が、大人になっても美味しい味になってきます。ポテトフライを食べていれば、ポテトフライが好物になり、カレー味を食べていれば、カレーが好きになります。幼い頃から始まる、美味しい味が増える頃です。