新緑の竹田城跡 有力戦国大名と地元大名との戦いは、今なら大手全国チェーンとご当地の地元企業との戦いのようなものです。

竹田城跡の冬期入城は、禁止されました。朝来市は、平成26年12月11日(水)から平成27年3月19日(水)までの間、竹田城の入城を全面禁止にしました。有馬温泉から朝来市へドライブ (8)

竹田城の歴史を読むと、戦乱の世の有力戦国大名と地元大名との戦いのようです。

今なら大手全国チェーンと、ご当地の地元企業との戦いのようなものです。

竹田城跡を、以前から、いつか訪ねてみたいと思っていた竹田城に来ました。

竹田城跡は雲海で有名です。お城が雲の中から顔を出している様な、幻想的な写真を見たことがあります。

**

大町藤公園を出て、これから竹田城に向かいます。

竹田城跡はJR播但線竹田駅の近くにあり、今も城下町のなごりが残っています。

**

竹田城跡は日本のマチュピチュとも言われています。

また気象条件が合えば、城跡を取り囲むように濃い霧が発生し、まるで雲海に浮かぶように見える姿から、「天空の城」と呼ばれるようになりました。

平成18年に「日本100名城」に選定され、平成24年には「恋人の聖地」として認定されました。

**

竹田城は、市町村合併により、朝来市になっています。

**

竹田城への登山口は、あまり多くない誘導看板ですが、

やっと見つけて、これから竹田城跡に登ります。

先行きを暗示するような、暗い文章が気になります。

何を書いてあるかといえば、道幅が狭いので、

車の対向車に注意とのことです。

**

ここから山道を登るような案内板がありました。

**

六甲山にも脇道があり、脇道は狭くて、対向車に出会うと、どのようにしてやり過ごそうかと困る時があります。

暗い予想は現実となり、狭い狭い道で、下りの車と、対向してしまいました。

ここで判断を誤ると、ずるずるっと左の路肩は、谷底に続いています。

一旦、車を降りて、どのくらい左側の道幅があるのか目測してみました。

幸いなのは、後続車の運転する人が降りて来て、左路肩を見ながら誘導してくれたので、谷底に落ちなくてすみました。

**

竹田城に上る道は、思ったより、車で上がるには、危ない道でした。

途中に駐車場があり、ここから先は徒歩になります。

以前は、車も入れていたようで、ガードレールが設置されているものの、ガードレールには擦り傷がついていたり、所々壊されていたりします。

右側の崖は山の脇がえぐられている、恐ろしいような光景も残っています。

これでは車での登城は、禁止した方が安全です。

**

竹田城は山城です。

元々の山を削り、石垣を築き、山頂部分を天守閣にしています。

上に上がれば、段々と下の城下町が見えてきます。 **

途中の新緑の中に、小さな可愛らしい花が咲いていました。

一つ一つの花を見つけては、写真に写し、

犬の散歩の様に、あちらこちらに立ち止まって進んでいます。

**

竹田城跡への上り道を、かなり登り詰めて、やっと石垣が見えてきました。

案内板によると、この石垣の積み方は、築城方法としては、自然の石を積み重ねていく、穴太(あのう)積みという積み方です。

**

竹田城跡の玄関である大手門の前に着いたときは、

標高は300mを越えて、城下を見ると、

大手門はかなり高い山にあることが分かります。

**

竹田城跡も、お城に登っている人は、中高年以上の方が中心です。

お城の平坦な敷地にも、咲き終えた桜が、新緑を張り巡らせています。

このお城に咲く桜も、きっと立派な桜だったと想像します。

竹田城は、日本の名城100選に選ばれている名城のひとつです**

竹田城に向かって、行き交う人が言うことには、

どうやって昔の時代に、こんな山の上に、

大きな重い石を運んだのだろう?と、いぶかしがっています。

**

竹田城跡の山頂部分になると、視界を隠していた山の樹木が途絶え、視界が広がってきました。

城下には川が流れ、山と山の合間に城下町が広がっている様子が分かります。

真下に、JR播但線の竹田駅が見えます。

**

竹田城は虎伏山ともいわれ、遺構の美しさでも有名です。

**

戦国の時代には、ここ竹田城は、畿内・山陰・中国の境界に接し、

戦国大名の赤松氏と、山名氏の豪族が、絶えず抗争を繰り返していた地域です。

赤松満祐は足利義教将軍を殺し、いわゆる嘉吉の乱を起こした武将です

一方の山名宗全は、応仁の乱の西軍の大将で、どちらも歴史に名を残す戦国武将です。

**

山名氏は、6分の1殿ともいわれ、日本六十余州の6分の1を領する大大名でした。

こんな強力な戦国大名が近くにいたら、隣接の戦国大名はたまりません。

**

今なら、大手全国チェーンに対向する、ご当地の地域企業の戦いのようなものです。

竹田城といえば、雲海に包まれた古城ですが、

今日はお天気の良い日で、霧は全く発生していません。

霧に包まれて有名なのは北海道の摩周湖ですが、

霧に包まれて幻想的なのは竹田城です。

**

山城なので、石積みは、近くの山から調達した、

あり合わせの石をうまく組み合わせて、

それでも崩れないように、所々の力のかかる所には、

小さな石を組み合わせて、力の分散を図っています。

竹田城に登り、思った事は、競争戦略を城や堀で戦うか、それとも社員の束である人的資源で戦うのか、経営戦略の方法を、何百年も繰り返しているように思えます。 

有馬温泉から朝来市へドライブ (9)

山名宗全の戦国のお城の石垣、堀を見ると、競争戦略を城や堀で戦うか、

それとも武田信玄のように、社員の束である人的資源で戦うのか、

経営戦略の方法を、何百年も繰り返しているように思えます。

竹田城の駐車場で、竹の杖を借りて、急な山道も、

凹凸の多い石段も、こけないように注意をして、

段々本丸に向かって登りつめて来ています。

**

もう、大手門は過ぎたので、竹田城の城郭の中に入っています。

城郭には、視界を遮る大きな木はもうありません。

**

城下町も、高速道路も、霧を生む川の蛇行も、みんな箱庭の様に見えます。

松葉博雄

雲が少し増えてきて、今にわか雨が降れば、雨よけもなく、為す術もありません。

竹田城の周りを囲むいくつもの大きな山が、竹田城に対峙するように見えます。

**

 

竹田城の作り方を想像してみれば、向こうの大きな山に、

お城を築く事を想像すれば、どんなに大変だったかが分かります。

**

竹田城の石垣は、山から掘り出した自然石を山頂部分にまで運び、

そこで石組みをして、少しずつ形を整えて、自然の山が山城になるまで、山を加工しているのですから、人力で築城するにはさぞ大変だったことだと思います。

**

戦国武将の夢は、一国一城の主を夢見ていました。

一国とは、国分寺が一つの国ごとに置かれた頃の名称で、

兵庫県であれば、摂津国、但馬国、播磨国、淡路国が該当します。

**

この竹田城は但馬国にあり、守護は山名宗全の時代がありました。

城持ち大名になると、守る責任が出てきます。

とにかく戦国時代ですから、領土を広げる為に、隣接する国同士が武力衝突を繰り返しています。

**

そこで、天下統一を目指す戦国大名が現れるのも当然の成り行きで、その第一候補は織田信長でした。

**

しかし残念ながら、織田信長は本能寺の変で明智光秀に斃されてしまいました。

**

そしてその遺業は豊臣秀吉に引き継がれ、

この竹田城も秀吉の勢力下に入り、最後の竹田城の城主は赤松広秀でした。

鳥取の戦いで城下に大火を起こした責任で切腹させられ、

1600年12月にこの竹田城も廃城になってしまいました。

**

日本の戦国の世の戦いのルールは、お城が落ちたら負けでした。

お城が落ちたことが、一番はっきり分かるのが、

お城に火がついて、燃え尽きて落城する方法です。

**

よく言われるのが、築城10年落城3日というように、

お城を築くには何年もの歳月を要しても、お城が落ちるのは、

それまでのまずいことが溜まりに溜まってたので、

一度矛盾が露呈すると、たった数日でお城は落ちてしまいます。

**

落城で多いのは、敵との内通、裏切り、謀反といった内部崩壊型です。

**

領主になると、領内の徴税権が得られます。

つまり、農家の作る農作物に対して、

特にお米に対して、年貢米の徴発が出来ます。

次に、徴兵権も得られます。

合戦の時に領内の農民を足軽として徴兵できます。

徴用もあります。戦いに必要な物資を出させる事が出来ます。

** **

 

こうして見ると、あの時代に生まれたら、

戦いのためには個人の自由が大幅に制限されそうです。

一度、戦いに敗れると、上級武士は殺されるか、追放されるかのどちらかなので、

負けない為には、一生懸命戦うのも無理がありません。

**

加藤清正は、築城の名人と言われて、

熊本城を始め、名古屋城、佐敷城など、多くの堅固な城を築きました。

これに対して、武田信玄は、『人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり』と、

城や石垣よりも、HRM( ヒューマン ・ リレーション ・ マネジメント )に比重を置いていました。

**

こうなると、今も昔も競争戦略を物やサービスで戦うか、

それとも、社員の束である人的資源で戦うのか、

同じテーマで経営戦略の方法を、何百年も繰り返しています。

喧嘩の仲直りならぬ戦国の合戦で、討ち死にした英霊をお祀りしています。戦国時代の山名氏と赤松氏が現代の和平をしています。 

有馬温泉から朝来市へドライブ (10)

喧嘩の仲直りならぬ戦国の合戦で、討ち死にした英霊をお祀りしています。

戦国時代の山名氏と赤松氏が現代の和平をしています。

竹田城の天守閣を降りて、また車に戻ります。

竹田城は、近くに生野銀山を控えているので、生野銀山を支配するには、

竹田城を領有することが、現代で言えば、レアメタルを確保するためには、

レアメタルの集積地を支配することと同じです。

**

新緑に、虎伏山の木々が花を咲かせています。

**

駐車場に戻る階段は、これから竹田城の本丸に向かう人と、すれ違う階段です。

竹杖を借りて行こうか、それとも竹杖を借りないで登ろうかと、老夫婦が迷っています。

それを聞いて、松葉博雄の奥さんは、「これ使って下さい」と、返す寸前の竹杖を渡しました。

**

駐車場の奥に、山名氏と赤松氏の両軍陣没諸霊供養の碑が出来ています。

読んでみると、およそ400年前まで、応仁の乱から100年以上も、

山名氏と赤松氏は敵対して戦闘を繰り返しました。

その為に亡くなった沢山の人の霊を祀る為に、

現代の山名氏と赤松氏が相談して建てた鎮魂の碑です。

**

山名氏は応仁の乱で有名、赤松氏は嘉吉の乱で有名で、歴史に名を残しています。

山名氏と赤松氏の末裔が、平成2年5月26日に、

500年前の嘉吉の乱に始まる、

山名氏と赤松氏の両陣の慰霊祭を行い宝塔を建てました。

**

駐車場には、小型のバスがあの狭い道を登り切ってきています。

もし、下りの途中でこんなバスと遭遇し、

どちらかが道を譲らなければ進めなくなったらどうしようかと、

悪い予想が湧いてきました。

沢山乗っている車対、二人の車が相まみえると、

なんとなく力負けして、バスに道を譲るために、

二人乗りの車は、ギリギリまで路肩に寄せるか、

対向車をやり過ごすことができる場所までバックで狭い道を登ることになります。

**

そのとき、ハンドル操作を誤って、ずるずるっと谷底に落ちていく、

そんな目には遭いたくありません。

幸いな事に、祈りが天に通じたのか、下りの道では、対向車と狭い道で、

大きなバスと曲がり道で出会う事はありませんでした。

**

竹田城を後にすると、次はJR竹田駅です。

JR竹田駅は、随分とクラシックな駅を復元しています。

駅舎には、わだやま観光案内所が併設されています。

こんな所に案内所があるとは、まず、最初にこの案内所に来れば、

次に何処に行けばいいか分かったのにと、順逆になっています。

**

受付の女性に、写真を撮ってもいいですか?

と許可をもらって、案内所の中を写しました。

**

立体的にミニチュアサイズに作った、竹田城のお城の配置を見ると、

先ほど歩いた石垣や、矢倉の配置が戦国時代さながらに蘇ってきました。

**

竹田城を有名にしたのは、霧に浮かぶ竹田城です。

実際に霧に包まれた竹田城の、雲海の写真が飾られていました。

**

もし、こんな雲海に浮かぶ竹田城の写真を、自分のカメラで写そうと思ったら、

霧が出そうな時季に宿でもとって、朝早くから竹田城の向いの山に登って、

霧が晴れるまでのたった僅かの合間にしか、シャッターチャンスはありません。

**

そんな事が出来るのも、やはり趣味というか、

写真が好きだからこそ竹田城の雲海が撮れるのです。

**

JR竹田駅は、無人駅です。少し身を乗り出せば、ホームに出られます。

プラットホームに出て、周囲の写真を写してみます。

**

向いにはお寺のような、お屋敷のような白壁が見えます。

**

車で来なくても、JRを使えば、竹田城のすぐ麓まで、

城下町の散歩も出来、ビールも飲めます。

ただし、一日の列車の本数は限られています。

5月10日(木)

)