ドラッカーの「現代の経営」第5章『事業とは何か』の研修をしました。

ドラッカーのマネジメントの研修です。『事業とは何か』の研修をしました。 淡路で社員研修(2)

ドラッカーの現代の経営第5章『事業とは何か』を中心に、マネジメントの研修をしました。

研修の教科書はドラッカー『現代の経営』です。本1冊読んで議論するのはあまりにも内容が多いので、「第5章の事業とはなにか? 」に焦点を当てて、議論をします。

ドラッカーの現代の経営を教材に選んだのは、2000年からです。研修を受ける人は第5章を予め読んで、レポートを書いてもらっています。レポートを書いておく事で、第5章の概要が予め分かるからです。

**

第5章の要約は事業の目的です。事業を企業と置き換えても同じです。一般的には、事業や企業の目的は何でしょうか?

これまで面接の時や、大学での非常勤講師で学生の皆さんに尋ねた時、一番多い答えは、事業や企業の目的はお金儲けと言えば生臭いのですが、利潤の追求と答える人が一番多いのです。

**

しかしドラッカーは、事業の目的は利益の追求ではない、金儲けではないと言っています。では何でしょうか?

ここから研修の重要なポイントになります。私たちがコンタクトレンズを販売するのが、お金儲けや利潤の追求から始まると、利潤を最大化するには、売り上げの最大化と経費を最小化する行動をとります。

**

ここでドラッカー先生の偉さが分かります。 事業の目的は、事業の存続であるとしています。 つまり一旦生まれると、出来るだけ長生きをするように生きていく事になります。

では、生きていくためには何が必要でしょうか?そうです。生きるためにはエネルギーです。つまり、食べる事です。企業も生きていくためには、顧客が必要となってきます。しかし、顧客は何もしないでも獲得できるわけではありません。顧客を獲得することを、顧客の創造と言います。

**

顧客を創造する為には企業間競争があり、企業間競争を勝ち抜くためには、顧客が望む財とサービスを提供しなければなりません。

それには企業はマーケティングとイノベーションにより、顧客満足を追求し、顧客の創造・維持・育成を図らなければなりません。

**

このような内容の研修を、午前中の3時間で行いました。外は、どんよりしたお天気です。そろそろお昼になります。

**

この近くには、食堂は沢山ありません。行きつけの渡船食堂に行く事にします。

淡路に来たからには、この渡船食堂の主人が目の前の海で獲ったお魚が美味しそうです。メバルが刺々しく、針が見えています。このメバルの活きの良さを証明しているのは、煮たときのメバルの反りです。

**

活きの良いメバルを見ると、メバルの尾っぽは上に向いて反り返します。刺身も頂きます。ブリのあらと大根の煮付けも美味しいのです。

**

研修に来た3人も新鮮なお魚に喜んでいます。 やはり普段買うスーパーのお魚とは、大きさも新鮮みも違った美味しい味が出ていると喜んでいました。

** **

会社のお昼ご飯に選ぶメニューは少ないメニューですが、渡船食堂で食べるメニューは、社長がたくさんお皿をガラス戸棚から取り出してテーブルに並べてくれたので、品数はいっぱいになりました。

**

ちょっと残念なのは、淡路のタコは、とってもこりこりして美味しいのですが、タコの天ぷらが少し時間経過の為、あつあつの揚げたての天ぷらでなかった事が残念でした。

この後、豚汁が出てきます。 これは熱々で野菜もいっぱい入っていて、栄養士が見たら納得しそうなメニューです。

お腹が膨らんで気温が上がって、心配なのは午後からの研修の眠たさです。

**

社長が難しい話を続けていると眠くなるので、午後は眠気対策の研修生一人ずつ、午前の研修内容と書いてきたレポートを参照して、質疑応答になります。

2012年2月22日(水)