ドイツ・ケルンで食べる麻婆豆腐 ドイツ旅行記(14)

ドイツ・ケルンで麻婆豆腐を食べました。ドイツで麻婆豆腐を食べました。ケルンの街角で麻婆豆腐を食べました。 ドイツ旅行記(14)

麻婆豆腐は、慣れた味です。ドイツで食べる麻婆豆腐は、四川料理の辛い麻婆豆腐でした。

**

ケルン大聖堂を見た後は、ドイツの革製品のお店「AIGNER」に寄りました。ここへ寄ったのは、昔、松葉博雄の岳父がくれた財布が、15年以上使って、すっかり傷んでしまっていたので、同じタイプの財布を買うことにしたのです。

**

今使っている財布を見せると、お店の人がすぐに探してくれました。思わぬ買い物ができて、ドイツ訪問のいい記念になりました。

昼ご飯は、Kちゃんが考えてくれていた中華料理を頂く予定になっています。

**

インフォメーションセンターで場所を教えてもらって、ケルンの賑やかな表通りのお店にやってきました。四川料理とのことなので、辛いのが特長です。

**

メニューで何を頂くか見ています。麻婆豆腐は唐辛子が乗っていてとても辛そうです。ドイツ語のメニューを見ても、さっぱり分からず、頼りになるのは写真と、近くの席で注文をして食べている実物です。

**

美味しそうに食べている人をみつけ、サービス係の方に指刺して、「あれと同じもの」と言えば、大体意味が通じます。注文したのは汁そば、麻婆豆腐、焼きそば、茄子の4品を選ぶと、ご飯がついてきます。

**

松葉博雄はビールを頼みました。地元の地ビールを使ったジョッキです。

**

どんな料理が出てくるのか、何しろ言葉の分からないドイツで注文しているのですから、出て来て見て、まったはナシです。

**

意外にハズレがなく、これならまぁいいのと違うかなぁ?と頷きながら食べました。

**

**

なすの炒め物は、ちゃんとネギも刻んでいて、まじめな料理でした。

**

一皿の分量が多く、更に、丼鉢一杯にご飯がついて、食べきれないほどありました。

**

この店は、観光客だけを相手にしていないようです。ちゃんと窓辺には、地元の人が、慣れたような仕草で、お店で中華料理を楽しんでいます。

**

肘を顎にあて、相手の話を聞きながら、頷きながら、二人連れが中華料理が来るのを待っているのを見ると、このお店が地元に溶け込んでいる様子が分かりました。

**

中華料理の食事が終わる頃、U君はお昼寝です。寝てくれると助かります。

** **

周辺を見ながら歩いています。観光者向けのお土産ショップで、ポストカードを選んでいるお姉さんたちがいます。首には、ディズニーランドに行ったような、ドイツの国旗の色の花をつけています。

**

奥さんは、「MEISSEN(マイセン)」で、来客用のカップとソーサーを買っていました。

**

MEISSEN(マイセン)の店には、注意深く警戒するガードマンが配置されています。高級品を売る店には、客の動きを鋭く見つめるガードマンの視線が抑止力になっています。

**

素晴らしい陶芸品がたくさんありました。欲しいと思っても、帰りの荷物を作る煩わしさを考えると、ここで衝動的に買うわけにはいきません。

**

ケルンの市内はとても賑わっていて、若い人たちもたくさんいます。ゲームセンターのような賑やかな所もありました。

**

この後、ライン川に面した公園へ行きます。