ドイツ大道芸 パフォーマンス 一見の価値があります。見るだけで、惹きつけられます。ドイツ旅行記(13)

ドイツ大道芸 パフォーマンス 一見の価値があります。見るだけで、惹きつけられ、見ているだけで、離れたくなくなります。ドイツ旅行記(13)

ドイツ大道芸 パフォーマンス 

一見の価値があります。見るだけで、惹きつけられ、足が止まり、離れたくなくなります。一見の価値とは、人の心に訴えるパフォーマンスです。

ドイツの街のあちこちに、大道芸がありました。ドイツだけでなく、ヨーロッパでは大道芸が盛んです。民俗楽器を演奏する人、静物を演じる人、バルーンアートをする人、吹奏楽の演奏をする人、色々な大道芸を見ました。

**

こちらは、Still-life(静物)です。動いて何かパフォーマンスをするのではなく、まるで石像のように衣装と顔に石のメイクを施して、じっと動かないパフォーマンスです。

**

一緒に写真を撮ったり、チップを箱に入れると、動き出したりしています。それまでは、ぴくりとも動きません。

**

こちらのピエロは、バルーンアート披露しています。

**

吹奏楽の演奏は、遠くからでも演奏が聞こえて来ます。

**

大きな演奏が聞こえると、思わず足を止めて見てしまいます。

**

道ばたの大道芸は、いいな!と思ったら、フェイスブックのいいねのように、小銭を箱や楽器のケースに入れます。

**

何にもしないで、座っていて、もし寄付を頂けるのなら、私が頂きますよと、消極的なパフォーマンスもありました。