KAMEHA Hotelで、ドイツ訪問歓迎会をしてもらいました。ドイツ旅行記(9)

KAMEHA HotelのYU SUSHI Clubで、歓迎会の食事です。ドイツ旅行記(9)

KAMEHA Hotelで、ドイツ訪問の歓迎食事会がありました。

ボンのライン河岸、セメント工場跡地にできたデザイナーグランドホテル。建築はカールハインツ・ションマーの設計。「カメハ」は“唯一の”“類いない”という意味を込めて、ハワイのカメハメハ王からとった名前という。

歓迎食事会のお店は、KAMEHA Hotelの「YU Sushi club」です。

Kちゃんは、YU SushiのYUと、U君のUが同じなので、お気に入りの

店になっています。

**

U君は、甚平さんを着て参加です。

ドイツのボンで、甚平さんを着た幼児を見れば、皆さん振り返って注目しています。

甚平さんは、日本の民族衣装です。

**

KAMEHA Hotelは、新しい、国際会議ができるような大きなホテルです。

**

**

ライン川がすぐ見える場所にあるホテルの最上階で、テラスと店内で

お寿司を頂けます。テラスで食べたかったのですが、少し前に雨が

降って、椅子はまだ乾いていませんでした。

** **

 

通り雨なので、その後は天気も良く、ライン川も美しいので、みんなで記念撮影をしました。

7時を過ぎ、8時になっても、日は沈みません。

** **

 

YU SUSHIは、京料理の会席料理のように、ゆっくりとしたス

ピードで進みます。

**

このホテルがあるのは、ドイツのどの辺りでしょう?確認のために、

松葉博雄は、紙にドイツの地形を思い出しながら書いてみました。ボ

ンの街はベルギーとオランダに近いことが分かります。

**

YU SUSHIのサービス係は、二階堂さんです。

** **

前菜は、ヒラメ、マグロ、ホタテ、サーモンなどの刺身です。

洋風に盛られていて、ホタテの貝殻の上に、人参の飾りや、ネギが添えられています。

**

日本食なので、フォークだけでなく、お箸も用意されていますが、お

箸はシルバー製です。

**

オードブルには、ガーリックがかけられ、やや辛い味付けでしたが、

ガリを見つけ、U君は直ぐにリクエストして、ガリを美味しそうに食

べています。中々大人の味が分かる幼児です。

**

シェフが挨拶に来て、「神戸牛のようには行きませんが、ドイツで

も、和牛と同じような育て方をして、脂の乗った牛を、この近くでも

飼育するようになっています。今夜のお肉は、ドイツの和牛です。」

と、お料理のコメントを頂きました。

**

お店の方が、ちらっと、「あちらの席にいる方は、このホテルのオー

ナーの方です。」と、合図して教えてくれた方は、コンサルタントの

人に見える相手の方と一緒に、語りながら、飲みながら食事をしていました。

もし言葉が分かれば、松葉博雄も、このKAMEHA Hotelの改善につい

て、サービスについて、マネジメントについて意見交換ができたら、

勉強になるのになぁと思いました。

** **

外は8時頃まで明るく、ようやく日が沈む頃です。

右隣の席には、サーカスのピエロのような派手な服を着たご婦人が、

男性と2人で座って、メニューを見て料理を注文している様子を見れ

ば、この二人の関係は夫婦のようではなく、なんとなく推測することができます。

** **

食事は進み、地中海産の鮪と近海物の刺身、鴨と和牛のステーキを頂

きました。味付けは、ソースがやや甘いソースで、ビールをアサヒ

スーパードライからドイツの地ビールに替えて、500mlを3杯飲んだ

頃、だんだんと酔いは回ってきました。

**

もう一度テラスに出て、今日の沈みゆく夕日を見ています。夕日に向

かって左側には、ライン川があり、船が行き来しています。

**

松葉博雄夫妻のドイツ訪問歓迎夕食会が終わり、YU SUSHI Clubを

出て、1階のロビーに向かう途中、ホテルの中の宝飾店に、光り輝く

イグアナが今にも、のっそりのっそりと動き出しそうな姿で展示されていました。

**

イグアナは、相当な宝石を身に纏っています。その昔、映画で「イグ

アナの夜」があったことを思いだします。

**

ボンでは、禁煙活動がまだ緩いのか、ホテルのロビーに、たばこの自

動販売機があり、青少年でもたばこが買える状況でした。

**

ライン川のほとりで、ドイツのビールを飲んで、美味しいお料理を頂

き、ドイツ訪問歓迎会をしていただき、Kちゃん夫妻とU君のおもてな

しも受け、大変楽しい時間を過ごしました