ドイツのスーパー 食品の買い物 ドイツでは日曜は定休日です。ドイツのほとんどの小売業のお店は、日曜は定休日です。ドイツ旅行記(8)

日曜は定休日:ドイツのスーパーマーケットには閉店法という法律がありました。夜と日曜日はゆっくり過ごしたいという文化が作った法律です.ドイツ旅行記(8)

ドイツの日曜は小売店は定休日です。

お買い物は土曜日にしておかなければ、日曜日は定休日です。

実際にドイツのスーパーマーケットに行き、買い物をしてみます。

**

Kちゃんの運転する車に乗って、「EDEKA」に来ました。

小売店で買い物は、定休日の日曜日の前に

ボンにいる日本人の友達や、ボン大学の同僚を呼んで、自宅でホームパーティーをするには、鍋料理がいいので

はないかと考えました。

①寒くなった時に

②少人数でも、大勢でも、人数調整が可能

③割に手間がかからない

④主婦も会話に参加できる

⑤日本の料理文化がある

この条件を満たすのは、すき焼き、鶏鍋、寄せ鍋、魚すき、水炊きなどの鍋料理です。

**

買い物をするには、買い物カゴかカートが選べます。

日本のカートよりかなり大きな買い物カートで、これを使用するときは、お金を入れて借ります。

お金は後から返って来るようです。

**

店頭に並ぶ食材は、色鮮やかな野菜や果物がたくさんあります。

リンゴ、茄子、パプリカ、トマト、ズッキーニなど、日本でも馴染みのある野菜ですが、やはりどこか日本のも

のと雰囲気が違います。

**

ドイツ 閉店法

ドイツには「閉店法」という小売業の法律があるそうです。

ドイツのスーパーやデパートでは、一律平日は6時~20時、土曜は6時~16時、

日曜日は定休日というように、お店の営業時間に厳しい規則がありました。

**

閉店法は、24時間営業のコンビニや、日曜日も営業しているスーパーに慣れた日本人には、不便に感じるかもし

れません。

ドイツ人にとっては、夜や日曜日はゆっくりしたいというスローライフが根底にあるため、夜や日曜日はお店を

閉めて、働く人も休むという文化があるようです。もちろん日曜日は、教会に行く日です。

**

ドイツでも規制緩和の流れ

しかし、近年になって月曜から土曜までは、州によっては規制緩和が進み、24時間営業が許可されるようになったそうです。

そうすることで、雇用も増え失業対策になり、経済の活性化も期待されているようです。

**

ドイツでの価格表示法

スーパーの角で、女性が電子掲示板(電子秤)の前で何かをしています。

分かりました。

野菜・果物などは、購入数量を自分で選ぶことができます。

選んだ食材は秤にかけて、価格を表示したシールを受け取ります。

このシールをレジに持って行けば、いくら払うかが、レジ担当者に分かります。

**

そうすると、食材の個数x単価=価格となるので、単価の打ち込みをどうするかです。

自分で単価を打ち込むのです。

では、勝手に単価を変えたらどうなるのでしょうか?

その工夫は、選んだ食材の置いてある場所に表示している数値を入力すれば、単価はコンピューターが判断して

くれています。

**

ヨーグルトやクリーム、バターもたくさん並んでいます。

色々な調味料が並んでいますが、松葉博雄にとっては、苦手な調味料ばかりです。

日本食に使う醤油はあるでしょうか?醤油は、ありました。

**

ここで、ドイツの白菜を使って漬け物を作ってみることにしました。

それから、牛肉を薄切りにしてもらい、すき焼きも作ってみます。

**

お肉コーナーには、大きなソーセージや肉の塊があります。

ソーセージの有名なドイツなので、ソーセージの種類はぱっと見ただけでも、30種類くらいあります。

**

大きさも色も様々で、濃い色のソーセージは辛そうに見えます。

**

ドイツですき焼き用の牛肉調達

今日の鍋は、すき焼きです。

すき焼きはまず、牛肉の確保からです。

ドイツでは、すき焼き風の牛肉の薄切りがありません。

大きなブロックなので、肉屋の店員さんに話して、薄切りにしてもらうことにしました。

イメージとして、ハムのように薄く切って下さいとお願いしました。

なんとか薄く切ってくれたものの、分厚いハムの切り方でした。

**

これは、後日行った別のスーパーマーケットです。

神戸の「いかりスーパー」のような、やや高級食材を扱うお店です。

**

ここでは、鶏肉と、魚のアンコウを使った寄せ鍋の食材を選びました。

**

ドイツのホワイトアスパラガスはでかい

ドイツの6月の野菜の主役は、ホワイトアスパラガスです。

とっても大きなアスパラガスです。

このホワイトアスパラガスは、メインディッシュになるのです。

**

人参がありました。

日本の人参よりかなり細い人参です。

色も少し鮮やかさが足りないようです。

**

ドイツではアンコウの肝は捨てられていた

鮮魚を扱っているコーナーでは、マグロもありました。

アンコウが見つかったのは、上等です。

できたらアンコウの肝も欲しかったのですが、ボンでは、肝は破棄されています。

**

やはり一番大きいのはお肉コーナーで、天井から色々な肉やソーセージが吊されていて、お客さんも寄って来ています。

**

Robでは、地下がビール、ワイン、ウィスキーなどのアルコール類を扱っています。

1階と地下の踊り場に、花や鉢物を売っています。

**

精算レジ係のお姉さんは、椅子に座って、頬杖を付いて待っています。

清算時にはレジ係から声掛け 

レジの前に立つと、「Hello」とかドイツ語で声かけがあります。

このとき、お客さんの方も返事をしています。

**

翻って日本の買い物で、レジを通るとき、いらっしゃいませの声かけに対し、お客さんの方も、こんにちはと

か、いらっしゃいましたとか、返事をしているかと言えば、ほとんどが無言だと思います。

精算が終わった時も「Danke schön!」と、声かけをしてくれます。

**

変わっていたのは、ショッピングカートと買い物カゴが一体化した買い物カゴに、クルマが付いて押せるように

なったカゴです。手で持つこともできるし、押すこともできます。

**

すき焼きをするのも、寄せ鍋をするのも、水炊きをするのも、買い物が上手になれば可能です。

大根、白菜、ネギ、椎茸、青梗菜、タマネギ、卵などはあります。

なかったのは、蒟蒻、生の豆腐(冷凍豆腐はあります)でした。