ルフトハンザ航空 機内食 ドイツ旅行記(2)

機内食 ルフトハンザ航空:機内食は、和食で、機内食は、ビールと一緒に。ドイツ旅行記(2)

ルフトハンザ航空 機内食 

ルフトハンザの機内食では、アレルギィー回避のために、乳製品を避けるように、事前にルフトハンザ航空に、インターネット経由でお願いをしてくれていました。

そんな要望に応えて、出て来た特別食は、なんやら、わけの分からないアジアン料理でした。

ルフトハンザ航空のドイツ・フランクフルト行き飛行機の中でのサービス、機内食は飛行機が出発すると、すぐにドリンクサービスが始まりました。

**

ビジネスクラスの席は、布張りで、表面が水を弾くような防水シートなので、座ると腰が滑りやすく、不安定です。

つるつるシートは、滑り止めの工夫をしたらいいのに・・・と、サービス改善を考えました。

**

離陸の予定は午前9時50分でしたが、実際に離陸したのは、10時2分でし

た。飛行機の座席は、機首の方にファーストクラス、次がビジネスクラス、

その後、後ろの方に向かってエコノミークラスに繋がっています。

**

ルフトハンザ航空 機内食 食前酒はドイツビールから

ルフトハンザで頂くビールは、すべてドイツビールでした。

離陸するとすぐに用意されていたのは、朝食です。

メニューから選んだのは、和食です。

**

和食は寿司とそうめんです。

気の毒なのは奥さんで、特別食と称する、アジアン料理を、私の代わりに食べてくれて、特別食を用意して貰った私は、奥さんの和食を頂きます。

**

隣席のドイツ人の人たちは、何を選んでいるのかと、目を向けてみると、たいていのドイツ人は、なんと、和食を選び、箸を使って、寿司やそうめんを頂いていました。

** **

おすましが付いていて、飲んでみると、随分塩味が強く、全部を飲むのは控えました。

**

ルフトハンザが大阪で調達した機内食は、全て日本の産地で調達された食材です。

意外にキュウリのぬか漬けが美味しかったです。

隣席のドイツ人は、この辛い塩味のおすましスープを、飲むのかなと見ていると、全部飲み干しています。

塩分を気にしないのでしょうか?

**

鶏肉は胡椒がきつく、この味付けは、ドイツ風なのでしょうか?

**

ルフトハンザ航空 機内食の後は 一眠り

機内サービスは、ずっと続いています。

機内サービスを受けていると、それだけ眠る時間が少なくなるので、朝食を頂くと、一旦、シーツを被って、座席を最大限に伸ばして、ベッドのように長く伸びて、その座席で、アイマスクをし、その上からシートを被ると真っ暗になり、眠りやすくなりました。

**

ルフトハンザ航空 機内食は 軽食 夕食

一眠りして、周りの騒音に気がついて、アイマスクを外して、そっと周りを見ると、夕方の17時頃になっていて、機内サービスは夕食のようです。

**

ドイツ人の背の高いパーサーが、飲み物を勧めてくれます。

あまりチャンポンにしては、悪酔いするので、ビールを通します。

** **

 

更に2時間もすると、軽食から正式な夕食へと移ります。

**

私は和食で通しましたが、奥さんには、手違いがあって、和食が足りませんでした。

そこで、洋食です。洋食は、パンとコーヒー、チキンの煮込みです。

**

和食には、味噌汁がつき、ご飯にはうなぎが乗っています。

**

レンジで温めたので、熱々です。

海老と漬け物とフルーツも、オードブル風に盛り合わせになっています。

**

今飲んでいるビールは、これで、何本目でしょうか?

分からなくなりました。酔っ払ってまた寝ようと思います。

2011年7月7日(木)


←前へ:ドイツ旅行記(1)

→次へ:ドイツ旅行記(3)