金波楼は、倉敷シーサイドホテルにあります。

倉敷シーサイドホテルは、サノヤス・ヒシノ明昌の水島製造所の傍にあります。岡山倉敷歴史の街散策(6)

サノヤス・ヒシノ明昌の水島製造所を見学した後、倉敷シーサイドホテルに戻って、18時30ごろから、ホテル内の「日本料理 金波桜」で、宴会が始まります。

**

座敷に用意されているのは、瀬戸内海でとれたグルメです。宴会らしく、畳の上にお膳をコの字に並べて、宴会開始の挨拶がありました。

**

今日一日、後楽園とサノヤス・ヒシノ明昌の造船所を、たくさん歩いたので、ビールがとても美味しく感じます。

**

岡山と言えば、ままかりです。瀬戸内海と言えば、ままかりです。今夜の献立にも、ままかりが、ちゃんとついています。

**

小さなお鍋では、固形燃料を燃やして温めます。

**

サザエの壺焼きは、ビールのお供にとってもよく合います。何が合うのかと言えば、サザエの壺焼きを1つ食べても、ビールが飲めなくなると言う満腹感にはなりません。

サザエの壺焼きは、やや苦みがあって、苦いところはビールで中和するので、これもまたよく合います。

**

天麩羅は、熱いうちに食べた方がいいですよと言われても、会話しながら、ビールを飲みながらの会席では、熱いうちには中々食べられません。

**

会席料理の〆は、ご飯です。でも、ビールを飲みながらの会席料理では、マラソンやトライアスロンの競技ではないけれど、なかなかフィニッシュまで完走できません。いや、完走ではなく完食でした。

**

フルーツは、オレンジとスイカとメロンです。スイカがあったので、これは初物なので、頂きます。

**

金波楼は、シーサイドホテルの中の日本料理店です。

造船所は、船の契約から、引き渡しまで、何度も、船主や、関係者の皆さんと、造船所が打ち合わせをする機会があります。

それには、宴会場が工場のすぐ隣にあると便利なのです。尾道の常石造船所でも、リゾートホテルが一体としてついていました。このときも、造船と宴会の繋がりを感じました

2011年5月11日(水)