敬老の日に、松葉登美子母の友人 馬場千代子さんから 幼い頃、記憶もないほど幼いときのことを聞かせてもらいます。

敬老の日には、プレゼントだけでなく、顔を見せる、話をする、労ることが大切です。

敬老の日には、お世話になった、自分より一世代上の方に、

感謝の気持ちを表します。松葉博雄の場合は、

一世代上のかたが、だんだんと少なくなっています。

敬老の日 挨拶

毎年、敬老の日には、一世代上で、お世話になった方にはメッセージを添えて、

花や、食べ物などを、敬老の日のプレゼントを、お送りするようにしています。

今日は、敬老の日に、普段お会いしない、松葉博雄が幼年の頃お世話になった方を、

お訪ねしています。

敬老の日のメッセージを直接伝えます。

父も母も亡くなり、一世代上の、親戚の方も、敬老に該当する方が少なくなっています。

敬老の日 挨拶

お訪ねをするときには、いつも抹茶をたてて、もてなして頂きます。

見事なお手前で、とても、一世代上の、松葉博雄の父や母の

同年代の方とは思えないお元気さです。

敬老の日 挨拶

他方、一世代上のおばさまから見れば、

松葉博雄は、いつまでたっても子供のようで、

幼い頃の、「かわいいかわいい」が、今でも、松葉博雄の形容詞になります。

敬老の日 挨拶

敬老の日 挨拶

お茶を頂き、松葉博雄の幼い頃のお話を聞かせて頂き、

とても敬老の日にふさわしい1日となりました。

2010年8月25日(水)