私でもできた ニンニクの栽培と収穫 鰹のたたき、ステーキには自家栽培のニンニクを使えます

投稿No:9386

ニンニクの収穫 これで鰹のたたき、ステーキには自家栽培のニンニクを使えます

ニンニクと言えば ステーキ、カツオのたたき

6月に入ると、ニンニクの収穫時期です。

家庭菜園のニンニクは、花芽が出るような

収穫時期が来ています。

思えば、ニンニクの栽培は、

ほとんど放置状態でした。

手をかけたのは、最初の植えるときです。

それなのに、収穫できるとはなんと親孝行な野菜でしょうか。

ニンニクの用途は多く、わが家でもニンニクがあれば

ステーキを焼くときや

カツオのたたきなどの

料理に使えて便利と思っていました。

そこで、家庭菜園でニンニク栽培に挑戦してみました。

ニンニク栽培は割と簡単でした。

1. まづ、ホームセンターで、ニンニクの鱗片を購入します。

  時期は9~10月に合わせて、ニンニクの鱗片を購入します。 

2. 菜園の土に化成肥料と苦石灰を混ぜて、施しました。

3. マルチビニールシートを敷きます。

  これで1週間寝かせておきました。

4. マルチシートに等間隔の穴を上げて、鱗片を植え付けます。

  鱗片を30センチ程度の間隔で、

  覆土が4~5cmかかる深さで植え付けます。

5. 土が乾いたら水をやります。 

6 3か月ほどしたら.化成肥料の追肥をしました。

7. 翌年、5月末から6月初めにかけて、トウが出たら摘み取ります …

8. 葉が枯れてきたら、

  ニンニクの茎を引き抜いて収穫しました。

9. にんにくの茎と根っこを切って、

  ニンニク玉をネットに入れて干して乾燥させます。

たまねぎを入れるネットにニンニク玉を入れて

風通しの良い場所に吊って、乾燥させます。

雨水がかからないような、

屋根の奥深いところに干しました。

採れたての生ニンニクを試食

さわらのたたきの刺身があったので、

さっそく収穫したばかりの

ニンニクを薄く切って、

刺身に挟んでたべてみました。

生の新鮮なニンニクは、刺激が強く

舌を刺すような鋭い刺激がありましたが、

味は強く、さわらのたたきが一段と美味しくいただけました。

ニンニク 関連記事 アーカイブ

2022年6月8日(水)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください