兵庫県丹波市氷上町清住 カタクリの里はカタクリの花群生地

投稿No:9320

兵庫県丹波市氷上町清住 カタクリの里はカタクリの花群生地

カタクリの花

丹波市氷上町のカタクリの群生地に咲く

カタクリの花が見頃です。

カタクリとは、あの片栗粉の原料なのかと思ってしまします。

まずは、丹波市氷上町へ奥さんとドライブです。

関西圏では珍しいカタクリの群生地

カタクリの群生地に、

カタクリの花が絨毯のように一面に咲いています。

クヌギ林の一画が薄紫色に染まるようです。

かたくりの花は、晴れた日に陽が当たると開き、

時間が経つに従って花びらが外側にそり返るそうです。

天候が悪く気温が低いと開花しません。

毎年4月上旬に「かたくりの花まつり」が開催されます。

見ごろは、4月上旬の今です。

かたくり粉の名前の由来

カタクリは、ユリ科の多年草で

美しい紫色の花を咲かせます。

カタクリには堅香子(カタカゴ)という

古名(こめい)があります。

カタクリの花の様子が

「かたむいた籠」に似ているので

「カタカゴ」→「カタゴ」、

それにユリがついて「カタコユリ」

→「カタクリ」と変化したようです。

他にもカタクリの葉の形が

栗の子葉(しよう)に似ていることから

「片栗」と言われています。

かたくり粉はカタクリの鱗茎(りんけい)からとれるでん粉

のため「かたくり粉」とよばれます。

現在はカタクリの自生数が激減したため、

今ではかたくり粉の名前で販売されているのは、

ジャガイモのでん粉です。

ジャガイモのでん粉は

1882(明治15)年から生産販売がはじまりました。

明治以降、北海道開拓とともに

ばれいしょ栽培が奨励され、

ジャガイモでん粉が大量・安価に出荷されたことにより、

かたくり粉はほとんどジャガイモでん粉になったそうです。

氷上町「かたくり」の花の群生地

見頃は4月初旬で、春先クヌギ林の中に

ひっそりと群れ咲く薄紫の華麗な花は、

さながら紫の絨毯のようです。

かたくりの花はユリ科の多年草で、

花が咲くまでに7~8年かかると言われています。

雨や曇りの日には蕾のままの姿で、

晴れた日にしかその可憐な姿を見る事が出来ません。

また氷上町は、かたくりの南限と言われており、

毎年多くの観光客やカメラマンが訪れています。

4月の上旬の日曜日には、

かたくり祭りも開催され多くの観光客で賑わいます

地元のカタクリで町おこし運動をしている皆さんのおかげで

山道には、こけない様手すりがつけられていました。

ありがたいことです。

カタクリ粉は、ジャガイモの

でんぷんからつくられるようになっていますが

元々は、このカタクリの茎からつくられていたとは知りませんでした。

氷上町 関連記事 アーカイブ

2022年4月5日(火)