門松と柳もち(餅花)の制作実習 淡路景観園芸園芸学校 受講記(64)マスターコース⑨ 門松

投稿No:9214

門松柳もち(餅花)の制作実習 淡路景観園芸園芸学校 受講記(64)マスターコース⑨門松

門松と柳もち(餅花)の制作実習

年末を控えて、今日の淡路景観園芸学校の演習は

竹を使った門松と

柳の枝を使った柳もち(餅花)の制作実習です。

これは、お正月に使えるタイムリーな演習です。

竹の性質と利用について 事前に講義をうけました。

日本の主な竹について説明がありました。

1.孟宗竹

直径18センチ、高さ22メートルになる大型種です。

孟宗竹は江戸時代に中国から導入された竹です。

竹の節には環が一つあり、

節の間が比較的短く太いのが特徴です。

2.真竹

直径15センチ高さ25メートルにも育つ大型種です。

節には環が2つあります。

節の間が長く弾力性があり建築材料や竹細工に使用されています。

3.破竹

直径3~15センチ、高さが15メートルほどの大型です。

耐寒性があるため比較的寒い場所にもあります。

細く割りやすい性質のため茶道具の茶筅などに利用されています。

4.女竹(めだけ)

直径2センチ、高さ5メートル

主に川岸や海岸などに群生しています。

材質が柔ら高く粘り強いので

竹細工や農業資材などに利用されています。

門松づくりは、素材を景観学校のキャンバスから集めて回りました。

門松に必要な竹、松竹梅などをキャンパスを

ぐるりと回って鋏を使い採取してきました。

松の葉や

南天などが集まりました。

竹は真竹と、孟宗竹を使います。

ミニチュアの小さな門松づくりなので

孟宗竹の中に真竹を切って門松を立てていきます。

真竹を黒いひもでくくり男結びをします。

そして孟宗竹に砂を入れ真竹を立てます。

その周辺に正月らしい飾りとして

笹・南天・松などを

あでやかな色を選んで竹の周りを飾ります。

竹を斜めに切ってきれいな

切り口を見せるのも実習の中の一つです。

最後に受講生が作った門松を

1か所に集めて記念撮影をしました。

柳もちも作りました。

柳の枝を使った柳もちは餅を電子レンジで3分間温めて

柔らかい餅の状態にし、もち粉をまぶして

もちを柳の枝につけていきました。

紅粉をつけて梅の花が咲いているような工夫もしました。

それぞれできた作品は、

自宅にもって帰り飾ることになりました。

淡路景観園芸学校受講記 関連記事 アーカイブ

 

2021年12月20日(月)