武蔵野銘菓 爾比久良(にいくら) 献上品 和菓子 大吾が製造・販売している商品です。爾比久良はお抹茶や、緑茶と頂くのがおすすめです。 奥さんは目留寿家のお茶でいただきました。私は、饅頭や、ケーキは苦手なので見てるだけです。

投稿No:9140

献上品 武蔵野銘菓 爾比久良(にいくら)お抹茶や、緑茶と頂くのがおすすめです。奥さんは目留寿家のお茶でいただきました。

献上品 和菓子 爾比久良(にいくら)

奥さんは、甘いものが好きです。

武蔵野銘菓 爾比久良(にいくら)を頂いて喜んでいます。

私は、饅頭やケーキは苦手なので、見てるだけです。

和菓子でも、ただの和菓子とは違って

献上品だそうです。

蟹でも、宮中へ献上される蟹は、献上蟹と言われ

特別扱いされています。

爾比久良(にいくら)は武蔵野の面影を今に残す

当地の「古の呼称」から名付けられた

由緒正しい和菓子だそうです。

東京都練馬区にある老舗和菓子店

和菓子 大吾 が製造・販売しているお菓子です。

昭和天皇ご訪米の折り献上

献上品で、ふるさと自慢の

銘菓としてご好評いただいたお菓子なのです。

実店舗が一店舗のみしかないため

入手しづらいため希少価値があるようです。

高級感があるため贈り物にも最適です。

献上品 武蔵野銘菓 爾比久良(にいくら)

まず、爾比久良を手に取って驚くことは

そのずっしりとした重さです。

お菓子の周りは、

黄色の卵黄と白餡を程よく調和させた

黄味羽二重時雨餡(きみはぶたえしぐれあん)で

覆われています。

切ってみると

中には上質の小豆餡と一粒栗が入っています。

川根名産 目留寿家(めるすけ)のお茶 

爾比久良はお抹茶や、緑茶と頂くのがおすすめです。

奥さんは、目留寿家のお茶でいただいていました。

目留寿家のお茶は日本3大銘茶の産地として有名な

静岡県の「川根地域」で、メニコンが開発した酵素を使い

環境にやさしい環境で作られています。

お菓子の外側の餡が

口の中でさらりと溶けます。

優しい甘さと、ほろほろとした歯ごたえは

お茶とよく合います。

甘さが控えめなのでお菓子が苦手な方にも

おすすめしたいです。

 

手土産 関連記事 アーカイブ

 

2021年10月8日(金)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください