東京、大阪、兵庫、京都に3度目の緊急事態宣言 三宮の様子

投稿No:8974

東京、大阪、兵庫、京都に3度目の緊急事態宣言 三宮の様子

政府による「緊急事態宣言」とは?

対象地域はどこ? どう決まるの?

写真 神戸三宮センター街

宣言対象の都道府県ではどういう措置がとられるの?

[図表]3回目の緊急事態宣言の内容(画像制作:Yahoo! JAPAN)

出典 Yahooニュース 

緊急事態宣言が出ると三宮は

我が社の窓広告が見えるさんプラザビルのテナントも、

センター街に面しているお店も、閉店のお知らせばかりです。

普段なら賑わっているセンター街の人通りはまばらで、

これが5月11日まで続くのかと思えば、

どこのお店にとってもため息の出る状況になってしまいました。

今回は第3回目の緊急事態宣言です。

第1回目に比べると、緊急事態宣言慣れしてるのではないかと思えました。

初めての時は今回よりも緊張感があって、

もっともっと人出は少なかったように思います。

この先コロナの予防ワクチンが広まって、

皆さんにワクチン接種が進めば、

もう緊急事態の宣言は無くなるのでしょうか。

思えば昨年正月から、沖縄にもその他の地域にも旅行に行けていません。

平穏な生活が戻ることを望みます。

神戸三宮阪急ビルの展望ビューラウンジは閉鎖

緊急事態宣言発令の実施日と重なって、

4月26日にオープンしたばかりの

神戸三宮阪急ビルの展望ビューラウンジは閉鎖していました。

飲食店は軒並み営業自粛

三宮の街は、緊急事態宣言の発令で

昨年4月の第1回目の緊急事態宣言のように

閉店しているお店が増えています。

神戸三宮阪急ビルのオープンに伴って、

阪急三宮駅の高架下は新しい店がたくさんオープンしています。

店の前にはお祝いの花束が届いています。

しかし、ほとんどのお店が緊急事態宣言のために、閉まっています。

これではどのお店にとっても当て外れです。

 

緊急事態宣言 関連記事 アーカイブ

2021年4月26日(月)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください