奥藤酒造郷土館:赤穂市坂越の地酒 奥藤商事の「忠臣蔵」~

こんなところへ行ってきました。奥藤酒造郷は赤穂にあります。赤穂で有名な地酒は、奥藤酒造郷土館です。

奥藤酒造郷土館に来ています。赤穂といえば、塩田でしたが、今は赤穂と言えば、忠臣蔵と奥藤酒造郷土館です。

坂越の「海の駅」でいっぷくした後は、今度は、赤穂の地酒を作っている

奥藤酒造郷土館に行く事になります。

奥藤酒造郷土館で造っている地酒は、その名も赤穂浪士で有名な「忠臣蔵」です。

奥藤商事では、毎年、地酒の仕込が始まるのは、新米ができて、気温が冷え込む晩秋から始まります。

店の前にバレーボールよりも大きな丸い玉がぶら下がっています。これは、杉の葉を束ねたもので、古くから造り酒屋の看板として使用されてきたものです。

一般に「酒林(さかばやし)」と呼ばれていますが、地方によっては、杉玉

(すぎだま)、酒箒(さかぼうき)、酒旗(さかばた)などの別名もあります。


 

奥藤酒造郷土館の路地を回ります。少し路地に入ってみると、白壁に黒塀の路地があります。

街並みは古く、白壁土蔵です。

奥まで覗いて見ると、裏山に通じる道があります。この裏山に登ってみました。

山の中腹には、壊れかかった苫屋(とまや)があって、このの奥藤酒造郷土

館の地酒屋さんが古いことがわかります。

塀を積むのも、瓦に粘土を積んで塀を造っています。

これも古い造り酒屋のお金をかけた造り方です。  

小高い丘の中腹から、酒蔵を見てみました。

今どき、重い瓦を屋根に乗せて、これだけどっしりとした屋敷造りが残って

いるのは珍しく、赤穂市が奥藤酒造郷土館の保存に力を入れる意味もわかります。

もう一度降りる道です。上るときに見えなかった景色が、坂を下りるときには、別の感じに見えてきました。

昔、小学校で習った「みかんの丘」を思い出しながら、坂を下りました。

誰かに、もし自分のお墓を選べるとすればどこがいいですかと尋ねたら、海

の見える、日当たりの良い、小高い岡の上がいいと聞いたことがあります。

確かに、この降りる途中にお墓が並んでいました。

みんな希望することは昔から同じかなぁと思いました。

空を見上げて屋根を見ると、去年の台風の為に、瓦が痛んだため、瓦を取り

替えたばかりで、白と黒のコントラストが目にも鮮やかでした。

古いお家を維持する事は、たいへんな努力とコストがかかる事がわかります。


 

奥藤酒造では、まだ造り酒屋をやっています。

杜氏(とうじ)は、但馬の方から来た杜氏さんが、酒の仕込みを最近から始めています。

この様子をお店の従業員の方が話してくれました

。この酒蔵の古さは、元禄の時代からあるという事です。

残念ながら、古い銀杏の木は台風の潮風によって、枯れたそうです。

この大きな銀杏の木が植わった頃が、この酒蔵が出来た頃だという事です。

酒蔵の中に入ってみると、これから先は、土足禁止という事だったので、入るのをやめました。

やはりこれは、雑菌が入るのを防ぐためです。

地酒の造り方についても、奥藤商事のお店の方から色々聞きました。

清酒の等級は下から二級酒、一級酒で一番高級なのが吟醸酒です。

これは、お米の外側を削って造るそうですが、削り方は米の半分を研ぎそぐそうです。

上等な酒ほど、お米を深く削って作ります。

大吟醸ともなれば65%も削り、削るお米の方が残ったお米より多いのです。

山田錦を使った大吟醸では35%の精白米、それが、40%、50%、60%へ

と、削る比率が少なくなるほど、お酒の等級は下がり、値段は安くなります。

1つの米から、半分ぐらいは取ってしまうそうです。

これは、今は外注して削ってもらっているそうです。

こちらのお店の一年間の生産量は、一升瓶で2万本です。

技術の伝統を守るためには、 採算だけでなく、地域の協力がなければ、壊

してしまうことになります。

土蔵を壊してしまって、あとでしまったもったいないな。という例がたくさんあるそうです。

奥藤酒造店では、酒粕を購入する予定でしたが、新酒が出来るのは来年のこ

となので、酒粕は来年の1月の頃から販売されるそうでした。残念でした。

こんなところへ行ってきましたアーカイブ

2005年11月17日