菜の花の伸びや、陽の恩、土の恩 元の詩は、若竹の伸びや、日の恩、土の恩

菜の花の伸びや、陽の恩、土の恩 元の詩は、若竹の伸びや、日の恩、土の恩

菜の花の伸びや、陽の恩、土の恩 元の詩は、若竹の伸びや、日の恩、土の恩

こごめ桜の美しさに目を奪われた頃、

すぐ近くには菜の花の蕾が出ていました。

こごめ桜

菜の花

まだ背丈は地上から40センチぐらいでしょうか。

蕾は固く、何の葉っぱかわからない状態でした。

菜の花

4月10日。その後、菜の花はどんどん背丈が伸びてきました。

菜の花

これはきっと太陽の光を体いっぱいに浴びて、

根を土にしっかりと張り巡らしているからだと思いました。

菜の花

4月15日。菜の花はどんどん背丈が伸びています。

菜の花

花も少しずつ膨らみつつあります。

菜の花

隣との柵の高さを超え、

私の背丈を超えるほどの背丈に伸びてきました。

菜の花

やはり日当たりがよいのでしょうか、

あるいはりんりんのおしっこかけが功を奏しているのでしょうか。


4月18日にはすっかり花が咲いてきました。

ひまわりに負けないほどの明るさと、

「私を見て」というメッセージを回りに振りまいています。

頂点の部分を接近して撮影してみました。

花びらは4枚で、桜のように5枚ではありませんでした。

一つの穂に数え切れないほどの

花びらがてんこ盛りのように咲いています。

これは、春を告げている花です。

 

2005年4月6日(水)